仮想通貨週報「今週ももみ合い」週報3月第3週)

最近の多くの日がそうであるように、今週のBTCは狭い値幅の中で方向感が出ない1週間となりました。

関連通貨:

仮想通貨週報「今週ももみ合い」週報3月第3週)

仮想通貨週報

時価総額が大きい3つの仮想通貨(*)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。
Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

仮想通貨週報

今週の動き

以下のチャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

仮想通貨週報  2枚目の画像

BTC/USD ETH/USD XRP/USD CRYPTO INDEX 一時間足

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間で気になったニュースを海外と国内から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元の記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

13日(水)朝刊
*国内ニュース
「北朝鮮、サイバー攻撃5.7億ドル奪取」

*筆者コメント
 国連安保理事会の年次報告書によると、北朝鮮がサイバー攻撃で仮想通貨を5.7億ドル不法に取得したことを明らかにしました。
このニュースに関して、世界中の多くのメディアが分析を行っていますが、コインチェックの5.3億ドルがその被害額のほとんどとなっています。北朝鮮の仮想通貨ハッカー軍団(Lazarus)が優秀なことも事実でしょうが、彼らにとってはシステム面で未熟な仮想通貨業者は狙いやすいのでしょう。
狙いやすいと言えば、本日の朝刊では宇都宮市の少年がモナコイン搾取で摘発されたという記事がありました。この件では短時間に連続利用すると誤作動を起こすという、あまりにもシステムがお粗末な結果によるものです。システム整備についてもっと規制していかないと、いつまでたってもこうした事件はなくならないように思います。

15日(金)電子版10:11
*国内ニュース
 「マウントゴックス社長、横領は無罪」

*筆者コメント
 仮想通貨流出で最初の大事件と言えばマウントゴックスからビットコインが大量に消失した事件ですが、本日同社の当時の社長カルブレス被告に東京地裁が判決を下しました。
だいぶ記憶から薄れてきているのですが、記事によると同被告は当時顧客口座から自身の口座に送金した件で争われていましたが、それらの金銭は同社に帰属すると指摘した上で無罪としています。当時の状況として、経営が順調かつ同被告が会社に相当額の貸付をしていたことから会社からの借入もまた相当程度許されるとの判断のようです。
本日でもって国内最初の仮想通貨事件は終了となりました。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。

仮想通貨週報  3枚目の画像

 *中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

最近の多くの日がそうであるように、今週のBTCは狭い値幅の中で方向感が出ない1週間となりました。先週のレポート執筆時点では4000ドルの大台をターゲットとする機運もあったのですが、大台手前で折り返し、その後は横方向のもみあいとなっています。
 チャートは先週のチャートに引いたラインを全て残したままにしてありますが、まったく変化が感じられないチャートです。拡大して4時間足チャートで見てみましょう。

仮想通貨週報  4枚目の画像

 *短期的な見通し(4時間足)

日足チャートで示した各ラインに加えて、先週の安値3671ドルと高値3969ドルで求めるフィボナッチ・リトレースメント(青のターゲット)も表示してあります。今週はピンクの上昇チャンネルの下限と上記61.8%押しが同水準にあり、下値のめどとして3700ドル台後半はサポートとなりやすい水準です。またそこから下がったとしても78.6%(61.8%の平方根)押しとなる3735ドルが次のサポートとなりますので、3700ドル台半ばをサポートと見ておくとよさそうです。
 いっぽうレジスタンスは先週高値の3969ドル、そして引き続き大台4000ドルも視野に入れる展開であることは変わりません。引き続き、もみあいながらも緩やかな上昇チャンネル内での動きを考え、来週も3750ドルをサポートに大台4000ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

先週はビットコイン全体の出来高について、統計サイトの数字を紹介しましたが、こうした商品で出来高と言えば、シカゴの出来高(ボリューム)と取組高(ポジション)が有名です。
CME(シカゴマーカンタイル取引所)ではビットコイン先物も上場されていますので、今週はCMEのビットコイン先物の出来高がどのような感じなのかを見てみたいと思います。

比較対象としてダウ先物を選び、ビットコイン先物関してはダウ先物と取引時間を揃えることで比較しやすくしてみました。

仮想通貨週報  5枚目の画像

上段がビットコイン先物、下段がダウ先物ですが、どちらもシンプルにバーチャートと出来高のみを示してあります。四角の紫は1か月ですが、少なくともこうして見ている限り、ダウ先物とビットコイン先物の出来高の増減には相関は無さそうですね。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る