仮想通貨週報 緩やかな上昇を継続中(3月第5週)

今週もボラティリティが低い動きが続いています。週前半に押しを入れた後に反発し、金曜時点では3月高値目前の水準へと上げてきました。

関連通貨:

仮想通貨週報 緩やかな上昇を継続中(3月第5週)

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値~金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週もボラティリティの低い動きが続いています。週前半に押しを入れた後に反発し、金曜時点では3月高値目前の水準へと上げてきました。火曜の下げで先週まで使っていたサポートラインを下ヒゲでトライする動きがあり、そのままでも良かったのですが、今週はサポートをその安値に合わせて引き直し、それと平行なラインとともに上昇チャンネルを引いてあります(ピンクの平行チャンネル)。
現時点ではまだ3月高値を上抜いていませんが、ここを上抜いてくれば緩やかな上昇トレンドを継続。逆に反落すると4000ドルの大台超えは上値が重たかったということになり、4月以降の新年度相場を前に微妙な水準にあると言えます。ただ、上昇チャンネル内での動きを継続すれば3月高値を上抜いてくる可能性が高まり、次のターゲットとして2月高値を目指す流れが考えられます。
しかし、ひとつ気になるレジスタンスもあります。それは11月末の戻り高値と2月高値を結んだレジスタンスライン(紫)で、3月高値のすぐ上に位置しています。3月高値よりもこのレジスタンスを上抜けるかどうかに注目していきましょう。
拡大して4時間足チャートで見てみます。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

日足チャートで示した上昇チャンネル(ピンク)とレジスタンスライン(紫)に加え、2月高値と3月安値のフィボナッチリトレースメントも加えました。高値と安値が含まれるようにかなりズームアウトしたチャートではありますが、イメージはわかりやすいです。
先ほどのレジスタンスラインは高値から安値の78.6%(61.8%の平方根)戻しにあたる4082ドルとも重なり、現状では4100ドルレベルをターゲットとしやすい流れにあります。一方で下値はサポートが位置する3950ドルレベルを考えておくとよさそうです。来週も引き続き緩やかな上昇チャンネル内での動きを考え、3950ドルをサポートに4100ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

27日(水)夕刊
*国内ニュース
「仮想通貨の無断採掘無罪」

*筆者コメント
自身のウェブサイトにコインハイブ(仮想通貨採掘プログラム)を設置し、サイトを見に来た人のPCを利用して無断でマイニングさせることが、コンピュータウイルスを組み込む行為となるかが問われた裁判です。
判決では閲覧者の意図に反するもののウイルスには当たらず無罪とされました。
ちなみに今回の採掘プログラムでは、サイト運営者7割、プログラム開発者に3割で配分されるそうですが、今回無罪とされた男性が得た利益は千円にも満たなかったそうです。またコインハイブ自体が現在では提供終了となっていますが、無罪であるならば、と今後も似たようなことは起きそうな気がします。

28日(木)朝刊
*国内ニュース
「仮想通貨でスイカ入金」

*筆者コメント
今週25日に新規登録されたIIJ系の交換業者ディーカレットが、仮想通貨をJR東日本のスイカのチャージに使えるサービスを検討と発表しました。発表では利便性を高めて仮想通貨に馴染みが無い層の取り込みを狙うとのことですが、そうした層が使うのでしょうか?
既にJR東日本系のビューカードではオートチャージを提供していますし、既存のサービスを超えるには付与するポイントが仮想通貨であるとか、ひとひねり無いとあえて仮想通貨でスイカにチャージするとも思えません。仮想通貨の利用場所を増やせば、仮想通貨を始めるだろうという案で本当にユーザーが増えるのか、お手並み拝見です。

今週のコラム「仮想通貨と金融占星術(2)」

先週の続きとなります。先週のコラムで使用した日足チャートは、もともと米国株と為替でつかっていたものを流用してみたのですが、占星術と金融商品を考える際に、何の天体を使うべきかという点は結構重要なポイントとなります。これは占星術を少しかじったことがある人であればなるほどという話なのですが、例えば原油は海王星に象徴される商品です。

では、仮想通貨は何に象徴されるのかですが、高性能なコンピュータでマイニングされるというイメージからは通貨以上にコンピュータのイメージが強くつきまといます。すると、コンピュータを象徴する惑星は何か、これは天王星ということになります。
今回は、より長期にビットコインの週足チャートに天王星のラインを引いたらどうなるかを見たところなかなか面白い結果が得られました。

今週のコラム「仮想通貨と金融占星術(2)」

上のラインは天王星の位置を24度ずつ価格に置き換えたラインですが、360度÷24で15本に1本、本来の天王星の度数そのもののライン(太いライン)があり、残りはそれの補助線(細いライン)と言うことが出来ます。

すると2017年に太いラインを抜けたところから上昇が始まり、その後の押しではいったん同水準まで押してからバブル化開始、高値もその後のサポートやレジスタンスも結構天王星のラインが効いているように見えます。
そして昨年12月安値は再び太いラインで止められ、現状そして今後も太いラインが強いサポートとして効いてくるであろうという見方を取ることができます。こうしてお読みいただくと、奇天烈な分析手法だと思われるかもしれませんが、実はこの分析手法はあのW.D.ギャンが行っていたものなのです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る