仮想通貨週報 ビットコインは上昇トレンドを継続しやすい(4月第4週)

先週に引き続きビットコインは下がったところでは買いが出るという流れになっています。

関連通貨:

仮想通貨週報 ビットコインは上昇トレンドを継続しやすい(4月第4週)

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値~金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

ビットコインは今週も底堅い展開を続け23日には週間高値5597ドルと5600ドル目前の水準まで上昇後に反落する動きとなりました。昨日のNY引け間際にはNY司法長官が複数の仮想通貨取引所を訴追するとのヘッドラインに5110.9ドルまで下値を延ばしましたが、東京昼前には下げる前の水準へと戻す“行って来い”となり、引き続きビットコインは下がったところでは買いが出るという流れになっています。
日足チャートで見ても既に4月10日の高値を上抜け、昨夜の下げでもサポートラインはかろうじて維持していることから、来週も上昇トレンドを継続する流れに変化は無さそうです。

4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

2日急騰後のサポートラインとそれに平行に引いた上昇チャンネル(ピンク)を示してありますが、昨夜の下げではこのサポートラインをわずかに試した直後に反転し再び上昇チャンネルに戻す動きを見せています。今月はビットコインにとってはどちらかというと悪材料が多かったように思いますが、4月初めの急騰で底打ちを確認し、それ以降は明確な上昇トレンドに沿った動きとなっています。
今週も基本はこの上昇チャンネルの中での推移を前提に、チャンネル上限にあたる5800ドルをターゲットとしやすい流れにあると考えられます。一気に上限まで行くことは無いとは思うものの、来週も下値は限定的と考え、5150ドルをサポートに5750ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

23日(火)電子版11:00
*海外ニュース(コラム)
「家政婦が見た国際送金革命」

*筆者コメント
香港には多くのフィリピン人家政婦が出稼ぎに来ていて、週末にはあちこちで集まっている光景を目にします。彼女たちの本国への送金手段がウエスタンユニオンからアリババグループが提供するブロックチェーン送金に移行しているそうです。
ウエスタンユニオンは古くから存在する非銀行による世界送金システムで、銀行よりも安いこと、受取人の口座が無くても本人確認が取れれば送金できることなどから、今でも人気のある送金手段です。私自身も一時期、ロシアのプログラマに代金を払う時に使っていました。それでもウエスタンユニオンによる送金には少額の手数料がかかります。しかし、アリババグループが提供する送金ツールではブロックチェーンを使うことで、手数料無料での送金が可能になっているとのこと。これは人気が出ないわけがありません。
ブロックチェーンの正しい技術革新のひとつとして、興味深い記事であったと思います。

24日(木)朝刊
*国内ニュース
「孫正義氏、145億円損失」

*筆者コメント
前日の23日にWSJ紙から出た記事ですが、孫氏がビットコインで145億円あまりの損失を出したとのこと。ビットコインで、というのも驚きではありますが、同氏が買収した資産運用会社会長の勧めでビットコインを2017年に購入、急落後の2018年に売却したそうです。高値掴みと投げといった動きですが、単に勧められたから購入するというのは相場の世界ではあってはいけないことですね。
自身が分析していいと思うならば買ってもいいと思いますが、その場合でもストップの水準はと、やや突っ込みどころが多い投資スタンスに思えます。しかし、孫氏の総資産は2兆3千億円もありますから、わずか0.6%に過ぎません。1億円の資産がある人にとっての63万円です。そう考えると、孫氏にとっては蚊に刺されたよりも大したことが無い損失ということになるのでしょう。こちらのほうが驚きですね。

今週のコラム「下値不安が残るリップル」

ビットコインは上昇トレンドを継続し、今後も強気で動きやすいのですがイーサリアムと共にアルトコインの代表であるリップルは、テクニカルに下値不安を残す動きとなっています。

ここではリップル(XRPUSD)の週足チャートをご覧ください。シンプルにローソク足のみの表示です。

今週のコラム「下値不安が残るリップル」

ピンクのサポートラインは2016年急騰前の11月安値と2018年安値(8月)を結んだラインで、これまでは結構効いていたことが確認できます。しかし、執筆時点では下ヒゲでは無く初めて土曜終値でこのサポートラインを下回ろうとしていて、ビットコインは上昇トレンドでもリップルは下値不安がくすぶるチャートとなっています。まだあと2日近くありますが、土曜終値が気になります。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る