ビットコインの上昇とアルトコインの下落(19/5/8)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが上昇しての動きです。年初来高値を再度更新しており、買い意欲の強さがうかがえる状況です。

関連通貨:

ビットコインの上昇とアルトコインの下落(19/5/8)

ビットコインの上昇とアルトコインの下落

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6204.0ドル(+2.82%)
イーサリアム:172.99ドル(-1.06%)
リップル:0.30051ドル(-1.14%)
ビットコインキャッシュ:287.86ドル(-0.71%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが上昇の動きです。年初来高値を再度更新しており、買い意欲の強さがうかがえる状況です。一方でその他のコインは全般的に下落しているものが多くなっています。

昨日、ビットコインドミナンスに関する話をしました。その際『これまで仮想通貨に参入していなかった層が参入し始めている可能性』について言及しました。しかし、昨日の動きに関しては先行きに関する警戒感を抱かせるものとなっています。つまり、アルトコインから資金が流出し、ビットコインに集まっているのではないでしょうか。

ビットコインとともに堅調な動きを見せたのがテザーですが、これはいわゆるステーブルコインと呼ばれるもので、ドルを担保にしたコインとされています。このステーブルコインに資金が集まるというのは、アルトコインに対する警戒感が意識されているものと思われます。

その他の市場においてもリスク回避的な動きが強まる局面において、安全資産として金が注目されるなどといったことはよくあることですが、仮想通貨に対する警戒感が高まった場合にドルとペッグされているテザーへと資金を避難させる動きは以前にもみられています。

こうした流れは仮想通貨市場全体からすればあまり望ましい動きではありません。仮にビットコインが息切れした場合、アルトコインなどは一気に急落といった展開となる可能性が高まりますし、さらにアルトコインの下落がビットコインに波及し、スパイラル的な下落となる可能性もあるでしょう。仮想通貨市場から資金を引き揚げる動きが加速する展開も視野に入ってくるでしょう。

ビットコインドミナンスの上昇に関して、昨日は新規の資金流入の可能性にふれましたが、今日はアルトコイン市場からの資金流出に対する懸念が見受けられます。現状ではどちらが正しいのか、それともまた違った要因があるのか判断が出来かねるところです。ただ、いずれにしてもビットコインドミナンスが去年の9月以来の高値水準に到達していることは事実であり、ここからの動きには注意すべき局面ではないかと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σを意識しての動きとなっています。年初来高値を更新する動きであり、上値のめどが見えにくくなっています。6500ドル前後の水準は去年11月から始まった下落局面スタート地点の価格であり、節目として意識される可能性はありそうです。一方、調整が入った場合は価格的な節目である6000ドル、もしくはバンドの中心線である5600ドル前後の水準が意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σを意識しての動きです。一時的な調整の動きがみられましたが、昨日の上昇で再度+2σが意識されています。このままバンドウォークを継続するかどうかに注目です。ただ、バンドの-2σが横ばいでの動きであり、ここから下落に転じるかはバンド幅がかなり拡大している事を考えると難しいのではないかとみています。となると、調整の動きを入れながら上値を拡大するといった展開になる可能性が高いのではないかとみています。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが高値圏での推移です。%Kは再度持ち直しています。また、%Dが高値圏での横ばいであり、底堅い動きが意識されやすい局面です。%Kの下落基調が強まってこないことにはしっかりとした動きは維持されやすいでしょう。

ビットコイン4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きから一気にバンドの+2σをブレイクしたものの、そこからは調整が入っています。バンドの±2σが上昇基調となっており、トレンドそのものは上向きながら、調整を入れながらの流れとなる可能性が高いでしょう。つまり、バンドの中心線まで下落し、そこで支えられてバンドの+2σまで上昇といった動きになる可能性が高いとみています。

ストキャスティクスで見るとデットクロスから下落しています。高値圏からは外れてきており、先行きに対する警戒感が強まります。このまま下落の流れを維持すれば、売り圧力が強まることとなるでしょう。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

6500ドル:去年11月の持合い時期の水準
6200ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

6200ドル:現在値

6000ドル:心理的な節目
5600ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
5010ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
5000ドル:心理的な節目
4280ドル:2/24の高値水準

関連記事

ページトップへ戻る