仮想通貨(暗号資産)週報 高値は既に付けた可能性が高い(5月第4週)

日経新聞の記事を見ても世界中で買いが買いを呼ぶ展開はいったん終わったように感じます。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 高値は既に付けた可能性が高い(5月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値~金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

急騰相場からもみあいに転じてきましたので、いつもの日足チャートに戻します。
5月11日以降急騰を演じてきたビットコインは先週8300ドル台で目先の高値を付け、現状は高値を切り下げ安値も切り上げと典型的なもみあい局面に転じています。
もみあいをどちらに抜けるのかとなると、どちらにも抜けうる、抜けた方向についていく、というのがテクニカルには正しいのですが、日経新聞の記事を見ても世界中で買いが買いを呼ぶ展開はいったん終わったように感じます。
また4月からの上昇という流れで見れば2倍以上になっていますので、1カ月半の期間としては速過ぎる動きであったことも事実です。上抜けの可能性もあるものの、下抜けの可能性の方が高いと言え、4月の安値4064ドルと先週高値8341ドルとの38.2%押しとなる6707ドル(ピンクのターゲット)を引き続き視野に入れる展開と考えられます。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

4時間足チャートではもみあいをトライアングル(三角もちあい)として示してありますが、すでにエイペックス(頂点)に近く、そろそろどちらかに抜ける動きが出てきそうです。しかし、このままどちらにも抜けず2日ほど経過するとエイペックスに到達してしまいますが、そうなると動きは出ないまま終わってしまうことが多く、抜けるとするならば今日明日、そして市場環境的には下抜けの可能性がやや高そうだということになります。
トライアングルの安値と高値からフィボナッチ・リトレースメントを計算すると61.8%押しは既にほぼ達成していますので、次のターゲットとしては78.6%(61.8%の平方根)押しとなる7206ドルまでの押しを考えることとなります。いっぽうで8000ドルの大台は引き続き上値が重たくなりやすいと見て、来週は7200ドルをサポートに8000ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

5月21日(火)朝刊
*海外ニュース
「短期筋の物色手詰まり」

*筆者コメント
株式相場がトランプ大統領の一言で大きく振らされる展開が続きそうとの判断から、個人投資家やヘッジファンドといった短期筋の株式投資家がビットコインに向かっているとのこと。5月の急騰の一部はこうした動きがあったと考えられそうです。
ビットコインもファンダメンタルが皆無というわけでは無いものの、通貨や株式といった通常のアセットクラスに比べ、ほぼファンダメンタルな要因は無いと考えることができ、そこに注目して、とりあえず強い地合いのビットコインに資金を振り向けたということでしょう。ただ、消去法で買われた動きがいつまで続くのかとなると大きな期待は持てないのではないかと個人的には思います。

5月23日(水)電子版10:17
*海外ニュース
「ビットコイン、プチバブルに警戒」

*筆者コメント
ビットコインが先週8300ドル台に乗せたことからスピードが速すぎるとの受け止めが多いとのこと。またショートの踏み上げも一巡しプチバブル懸念の方が勝ってきたとも。
米系金融機関では17年のバブル局面と似ているとの指摘もあるようですが、当時を振り返るとピーク(12月17日)までの1か月の上昇は7500ドル台から20000ドル超えまで3倍近い急騰です。今回は5月14日をピークとすると5000ドルから8300ドル台まで約1.7倍と上昇幅は大きいものの当時とは比較にならないように思います。
ただ、ビットコインを取り巻く環境も当時とは異なり、プチバブルという表現であるなら、あながち的外れとも思えません。個人的にはいったん高値は付けたと見ていますが、テクニカルなポイントは振り返りと見通しをご覧ください。

今週のコラム「到達確率チャート内のもうひとつのテクニカル」

到達確率チャートの動画マニュアルを先週収録し今週公開しました。

詳細は動画を見ていただくとわかるのですが、到達確率以外にもいくつかのテクニカル指標が表示されています。資料を新たに作り直すときに失念していたのですが、当初のチャートに現在はもうひとつのテクニカル指標が追加されています。

仮想通貨(暗号資産)の到達確率チャートからイーサリアム(ETH/USD)を例に説明します。以下は、今朝アップしたイーサリアムのチャートです。注目していただきたいのは一番右端に表示されている黄緑の水平線です。

今週のコラム「到達確率チャート内のもうひとつのテクニカル」

若干わかりにくいのでこのチャートでは赤の矢印でも示してあります。この黄緑の水準は「フィボナッチ・クラスター」というテクニカル指標です。クラスターとは集団という意味ですが、チャートに使用している1時間足以外にも複数の時間枠(4時間足、日足等)のフィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・エクスパンションを計算し、ターゲットが重複している位置にラインが引いてあります。

つまり、上記のチャートで言えば、本日の下値ターゲットは237.70、上値ターゲットは248.80ということになります。

この「フィボナッチ・クラスター」は最小でゼロ、最大で9本のラインとして示されていますので、表示されない時もありますし、クラスターが更に集中している時もあります。特にクラスターが集中している場合は強いサポート・レジスタンスとなりやすいということも併せて注意しておくとよいでしょう。

仮想通貨だけでなく、すべてのチャートに表示されていますので、次回からは気にして見てみてください。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る