ビットコイン相場のテクニカル分析(2019年5月下旬)

ビットコインの対円相場は、昨年11月のBCHハッシュウォーに端を発した大暴落「前」の水準を回復するに至っております。

関連通貨:

ビットコイン相場のテクニカル分析(2019年5月下旬)

1. 概況

ビットコインの対円相場は、昨年12月に付けた安値35.4万円をボトムに切り返すと、その後の2度に亘る「三角持ち合い」からの上放れを経て(添付チャートの赤丸部分)、心理的節目65万円の突破に成功しました。5/16には、約10ヶ月ぶり高値となる91.7万円まで上昇するなど、昨年11月のBCHハッシュウォーに端を発した大暴落「前」の水準を回復するに至っております。

1.	概況

こうした楽観ムードの背景には、①世界的な金融緩和期待を背景としたリスクアセットとしてのビットコイン需要の高まりや、②資金決済法及び金商法の衆院通過を経て仮想通貨(暗号資産)市場に健全化ムードが広がりつつあること、③ビットコインETFやBakkt(バックト)、ErisXやLedgerXなど機関投資家参入を想起させ得る潜在的な好材料が増えつつあることに加えて、足元では、④米中貿易摩擦の激化やグローバルに広がる地政学的リスクを背景にリスク逃避資産としてのビットコイン需要の高まりも指摘されます。つまり、仮想通貨(暗号資産)ビットコインは、リスク選好時に上昇するリスクアセットとしての側面と、リスク回避時に逃避資産として選好される安全通貨としての側面双方の影響で価格が押し上げられたと推察されます。米司法省によるテザー社への訴追や、大手取引所バイナンスでのハッキング事件、VanEckのビットコインETF再延期など、多くの悪材料をこなした上での80万円台定着でもあり、ビットコイン相場の上昇モメンタムは極めて強いと判断できます。本稿では、ビットコイン相場の先行きについて、テクニカル分析及びポジション分析の観点で考察いたします。

2. 移動平均線

2.	移動平均線

2月下旬に達成した、21日移動平均線(青)と90日移動平均線(緑)のゴールデンクロスを皮切りに、その後ビットコイン円相場は上昇トレンドに突入しました。4月上旬には、約1年ぶりに200日移動平均線(赤)を上抜けした他、4月中旬には、21日移動平均線(青)と200日移動平均線(赤)のゴールデンクロスも実現。5月2週目には、ついに90日移動平均線(緑)と200日移動平均線(赤)のゴールデンクロスも達成するなど、短・中・長期全てにおいて上昇モメンタムの強さが確認されます。

3. ボリンジャーバンド

3.	ボリンジャーバンド

トレンドの方向性を示唆するボリンジャーバンドのミッドバンドは、5月以降、傾斜を強めながら「右肩上がり」の形状を維持しております。ローソク足も26日連続でミッドバンドの上方で推移するなど、ビットコイン円相場は明確な上昇トレンド下にあると判断できます。但し、相対的な価格の高さを表す「%b」が1.0を下回り始めましたので、ボリンジャーバンド上限に沿って上昇を続ける「バンドウォーク(添付チャートの緑色で囲っている部分)」はひとまず終了となりました。今後は、ミッドバンドをサポートに緩やかな上昇トレンド(%bの0.5~1.0ゾーン)が続くと予想されます。

4. 一目均衡表

4.	一目均衡表

一目均衡表(日足)では、①転換線の基準線上抜け、②ローソク足の雲上限上抜け、③遅行線のローソク足上抜けが全て揃う「三役好転(※強い買いシグナル)」が継続しております。向こう26日間を見通しても、抵抗帯の捻れは確認されず、トレンド転換の兆しは見られません。ビットコイン円相場は引き続き上昇基調を辿ると予測されます。

5. RSI

5.	RSI

5月中旬にかけてのビットコイン円相場急騰を受けて、オシレータ系インジケータの代表格であるRSIは一時90%近くまで急上昇しました。しかし足元では、分岐点となる70%を下回り始めるなど、過熱感は特段見受けられません。楽観的に解釈すれば、過熱感なき上昇なのでロングエントリーに適した地合いと判断できますが、悲観的に見た場合、ビットコイン価格とRSIの逆行現象(ダイバージェンス)が上昇トレンドの終焉を示唆している可能性もありますので、今後もRSIの動きに注意が必要でしょう。

6. 先物動向

6.	先物動向

米商品先物取引委員会(CFTC)が公表する、5/21時点のビットコイン先物建玉一覧を確認すると、買い持ち(ロング)と売り持ち(ショート)の差を表すネット・ショートポジションがここ数週間で大幅に縮小していることが分かります。背景には、①心理的節目6000ドルを前にショートを積み増していた向きによるロスカットの発生(ショートの減少要因)や、②相場の好転を受けて新規でロングエントリーした投資家の増加(ロングの増加要因)の両面があると考えられます。出来高を増やしながらのショート縮小でもある為、総じてポジティブに捉えることが出来るでしょう。今後の展開次第では5ヶ月ぶりにネットロングに転じる可能性もあり、来週5/31に発表される5/28時点の先物建玉に注目が集まりそうです。

7. オプション動向

7.	オプション動向

ビットコイン・オプションの建玉(6月28日行使期日)を約1ヶ月前と比較すると(緑が4/20時点、黄色が5/25時点)、10000ドル行使価格(≒1,100,000円)などトップサイド・オプションの建玉増加が確認できます。個人投資家を中心にトップサイドを織り込む動きが加速していることが背景です。通常、個人投資家はライブ(デルタヘッジ無し)でオプションを購入する傾向にあることから、スポット市場へのインパクトは、当該オプションの引き受け手となるMM(マーケットメイカー側)が行うデルタヘッジの向きに依ります。例えば、個人投資家が 10000ドルCALLをデルタヘッジ無しで購入した場合、MMサイドから見たBTCコールの売りから発生するデルタヘッジは「現物買い」の方向となります。

よって、個人投資家によるトップサイドCALLの買いが集まれば集まるほど、デルタヘッジを原因に直物市場へはBTCUSDを押し上げるインパクトが生まれます。当方では、これが5月中旬に見られたビットコイン価格急騰の一因であったと推測しております。足元では、1月から3月頃に見られていた、マイナーによるカバードコール取引が減少しており、個人投資家によるコールオプションの裸買いが増えつつあります(※以前は個人投資家によるコールオプションの買いと、マイナーによるコールオプションの売りが見合っていた為、スポット市場へのインパクトは限定的だった)。
このようにオプション市場の動向はスポット市場にインパクトを与えつつありますので、今後もビットコイン・オプション市場の建玉変化に注目が集まりそうです。

8. まとめ

以上の通り、ビットコイン円相場は、①移動平均線のゴールデンクロス、②ボリンジャーミッドバンドの傾き、③一目均衡表の三役好転、④先物市場に見られるショート縮小の動き、⑤オプション市場に見られるトップサイドを織り込む動き、⑥MMのデルタヘッジに伴う価格押し上げ効果などを考慮すれば、ビットコイン円相場は今後も底堅く推移すると予想されます。オシレータ系指標にも過熱感は見られておらず、下値余地も限られそうです。80万円台で足固めできれば、昨年5/12以来、約1年ぶりとなる100万円台乗せも視野に入ります。余程強いネガティブ材料が出てこない限り、ビットコイン円相場は今後も上昇基調を辿ると予想いたします。

関連記事

ページトップへ戻る