仮想通貨(暗号資産)週報 高値警戒感もあり調整局面入り (5月第5週)

昨日の急騰劇では大口の買い注文が入った結果と言われていますが、

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報  高値警戒感もあり調整局面入り (5月第5週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後から日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
昨日大きな動きが見られましたので、今週は週足と日足の組み合わせで見ていきます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(週足)

*中長期の動きと今週の振り返り(週足)

急騰相場からもみあいに転じたところで日曜と昨日再び急騰相場となり一時9050.5ドルと9000ドルの大台乗せを見ました。しかし、その後急落に転じ8067.2ドルと日曜の急騰前の水準にまで一気に売り込まれ、その後やや戻す展開となっています。

特に昨日の急騰劇では大口の買い注文が入った結果と言われていますが、超富裕層にビットコインの25%を買い占めたいと考える投資家がいて、その投資家がかなりの金額を投じたことがきっかけと言われています。さすがに25%はジョークに聞こえますが、将来性がありそうなビットコインの価格支配権を持ちたいと考える超富裕層がいたとしても不思議ではありません。一般投資家はその動きに翻弄されたというところです。

しかし、9000ドルの大台を見たことで、史上最高値とその後の最安値の38.2%戻しとなる9555ドルが視野に入ってきたともいえ、今後も大口の買いが続くようであれば同水準をターゲットとすることになりますが、さすがに短期間に買い続けることは考えにくく、昨日に動きを見ている限り短期的に高値を見たチャートとも言えます。日足チャートで拡大して見てみましょう。

*短期的な見通し(日足)

*短期的な見通し(日足)

日足チャートでは上昇ウェッジのチャートパターンを形成していますが、サポートラインに近い水準です。ここで反発しウェッジを上抜けることがあれば週足で示したターゲット(日足では赤の太い水平線で表示)に向かいますが、それよりはサポートをいったん下抜けて前週のもみあいの中心であった7700ドル台後半への調整を見てから、のほうが上がるにしても自然です。

ここでは短期的には高値を見たと考え、来週は7750ドルをサポートに8500ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

5月31日(金)朝刊
*海外ニュース
「G20、仮想通貨(暗号資産)で登録制合意へ」

*筆者コメント
6月の大阪G20サミットに先立って6月8・9日には財務相・中銀総裁によるいわゆるG20が開催されますが、同会議において資金洗浄対策として仮想通貨(暗号資産)交換業者に登録制を導入するとのこと。日本は議長国となることもあって、既に先行して登録制が導入されていますが、これで主要国の足並みが揃うこととなります。
仮想通貨(暗号資産)は匿名性が高いことから、これまでも資金洗浄を含め犯罪に使われることが多かったのですが、登録制とグローバルな規制強化は短期的に取引減少となる可能性はあるものの長期的な業界発展には欠かせないと言えるでしょう。

5月31日(水)電子版10:38
*国内ニュース
「仮想通貨の名称、暗号資産に」

*筆者コメント
本日31日午前の参院本会議で改正資金決済法と改正金商法が可決、成立しました。両方の改正により仮想通貨の名称は行政手続き上では暗号資産となります。既にグローバルには暗号資産という名称が使われているため、6月のG20に向けて日本でも足並みを揃えたということになりますが、今後は世界的に共通の用語、規制で業界の成長を見守っていくこととなります。
ただ、行政上ということで当面は仮想通貨という名称も並行して使われるのでしょうが、海外では単にCrypto(暗号の~)と略されることが多いため、それほど違和感なく気づいたころには皆が暗号資産という用語を使うようになりそうな気がします。
法定通貨と明確に分けるという意味もあるのでしょうが、新用語が出てくるとそれを利用する詐欺も出てきますので、そのあたりの対策の方が重要だと個人的には考えます。

今週のコラム「フィボナッチ・クラスターを日足で見る」

先週は到達確率チャートの動画マニュアルとその中に表示される「フィボナッチ・クラスター」というテクニカル指標について説明しました。到達確率チャートは1時間足ですからターゲットが重複する水準も当然現行水準に近いところとなります。

またフィボナッチ・クラスター自体、どの程度継続しているN波動(あるいは逆N波動)を使うかによって短期、中期、長期といった見方に変化が出てきます。そこで、今週は日足チャートに3つの期間のフィボナッチ・クラスターを表示してみましょう。

今週のコラム「フィボナッチ・クラスターを日足で見る」

短期がピンク、中期が水色、長期が黄緑ですが、それぞれの線が重なると色が変化しますので、異なる色の水準は複数のターゲットが重なっている重要なサポート、レジスタンスと考えて良いでしょう。また光の3原色では組み合わせによっては白になってしまいますので、背景は黄色味を帯びたグレーとしました。

現在の水準に上下近いところを除くと、5月急騰の後だけに6000ドル台前半に収集していることがわかりますね。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る