仮想通貨(暗号資産)とその他の市場との関連性(19/6/5)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅に下落しての推移です。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)とその他の市場との関連性(19/6/5)

仮想通貨(暗号資産)とその他の市場との関連性

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:7699.2ドル(-9.77%)
イーサリアム:239.76ドル(-8.99%)
リップル:0.39196ドル(-12.61%)
ビットコインキャッシュ:379.10ドル(-13.43%

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅に下落しての推移です。その他のコインも軒並み大幅安となっており、市場には警戒感が強まる状況です。昨日、大口が資金移動をしたことを書きましたが、その際『大きな資金が動いたということで、急落に備える動き、つまり買いポジションの決済などが意識される可能性』があり、さらに『今回の移動は利食い売りの可能性』も十分にあると書きました。最終的に今回の下落のきっかけが大口の資金移動であったのかどうかは定かではありませんが、やはり警戒すべき局面であったことは事実ではないかと考えています。

さて、株価の下落と仮想通貨(暗号資産)の上昇を関連付ける見方は依然として残っているようです。これまでの推移を見る限りではそういった相関性は見られていないのですが、『株式市場の下落を受け、資金の避難先として仮想通貨(暗号資産)が選好されている』といった話は正しいか間違っているかはさておき、なるほどと思わせる一面があることは否定できません。ただ、少し前には『株式市場の上昇を受けて余裕資金が仮想通貨(暗号資産)市場に流れ込んだ』といった解説もあったことを考えると、信頼できる考え方なのか、個人的には疑問に思っているところです。ただ、実際問題として、昨日米株は大幅に上昇しており、仮想通貨(暗号資産)市場から株式市場に回帰したといった話が出てくる可能性はあるでしょう。そして、そういった考えをしている人が増えれば相場はそういった動きを見せるので、その点は注意深く、そして柔軟に分析をすべきでしょう。

現状において、法定通貨に対する信認のほうが仮想通貨(暗号資産)を動かす可能性が高そうで、その点で米国の金融政策の先行きに対する思惑から上値を抑えられているドルの動向には注意を払うべきかと考えています。とはいえ、昨日もドルの上値が重かったにもかかわらずビットコインは急落しており、関連性ははっきりしないところもあります。もちろん、今後も他の市場との相関性を分析していく予定ですが、現状においてはその分析をもって仮想通貨(暗号資産)の先行きを予想というのは難しいと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの中心線を下抜けて下落しています。このままバンドの-2σまで下落する可能性が高まっています。価格水準としては7240ドル前後が節目となりそうです。一方、押し戻した場合はバンドの中心線である8150ドルが意識されそうです。バンドの+2σは9060ドル前後の水準ですが、目先ここまで押し戻す可能性は低下しているといえそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σから下落し、ここにきて一気に下げ幅を拡大する展開です。バンドの中心線を抜けてバンドの-2σを目指す動きが展開されています。-2σまで下落する可能性は高いとみていますが、現状でバンドの±2σはほぼ横ばいとなっており、バンド幅もそこまで縮小しているわけではないことを考えると、バンドの-2σでは支えられるのではないかとみています。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが下落基調を維持し、%Kが下値圏に入っています。これが底打ちとなるかどうかがポイントですが、%Dも下落基調を強めていることから、基本的な流れとしては売り優勢といった展開となるでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識する動きから一気に下落し、バンドブレイクからバンドウォークが展開されています。バンド幅は拡大基調であり、一時的に調整の動きが入ったものの、依然として下値を拡大しやすい格好です。バンドの+2σが横ばいから下落といった動きになるかどうかがポイントとなりそうです。逆に上昇基調を維持した場合はバンドウォークの継続が意識され、さらに下値を拡大するでしょう。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは下落して下値圏での推移です。上値の重い展開であり、先行きに対する警戒感が強まっています。目先は%Kが底打ち気配を見せていますが、これが上昇基調を維持することができるかどうかが目先の動きとして意識されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9100ドル:直近高値水準
9060ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8150ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
8000ドル:心理的な節目

7700ドル:現在値

7240ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
7000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る