仮想通貨(暗号資産)週報 高値をつけ短期下降トレンド入り(6月第1週)

5月中旬以降のチャートにおけるローソク足の長さが大きくなってきていることも気になります。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報  高値をつけ短期下降トレンド入り(6月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後から日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週の9050.5ドルで高値をつけ、その後は調整局面入りとなっています。先週のコメントに書いた通りですが「史上最高値とその後の最安値の38.2%戻しとなる9555ドル」が長期的なターゲットとはなるものの、25%買い占めの話もひょっとすると大きく売り抜けるための口実であった可能性もあります。私が現役為替ディーラーだった時にも1億ドル以上をさばく際には、まず1千万ドル程度を逆方向に売買して動きをおかしくしてから、大きく仕掛けにいくということをしていました。

また5月中旬以降のチャートにおけるローソク足の長さが大きくなってきていることも気になります。上昇局面における最終局面として天井圏で値幅が大きくなるというのは他の市場でもしばしば見られるチャートパターンです。長期的には一段の高値をつける可能性があっても短期的には下降トレンド入りした可能性が高まっていると言えるでしょう。

その場合のターゲットとしては、すでに昨年安値と先週高値の23.6%押しはつけていますし、38.2%押しの6799ドルはやや遠い感もあります。大台7000ドルが下値の目途と見ておくとよさそうです。
4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

日足チャート内の5月末からの下降チャンネルを示してありますが、もし戻りが弱い場合にはこのチャンネルの下半分にもレジスタンスが引けるため、その中での動きとなってくる可能性もあります。ただここ数週間は値幅が大きくなっていますし、先週安値圏とも重なる大台8000ドルあたりまでの戻しは考えておいてよいでしょう。

また、下値の目途として7000ドルにピンクの水平線を引いてありますが、下降チャンネルの下限が来週にはちょうど7000ドル水準へと下がっていきますので、来週はどちらも大台となり7000ドルをサポートに8000ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

6月1日(土)朝刊
*国内ニュース
 「仮想通貨(暗号資産)取引に新規制」

*筆者コメント
先週の当欄でも取り上げた改正資金決済法と改正金商法ですが、名称以外では大きく交換業者に対する規制、取引に対する規制、ICOに対する規制の3つの柱があります。交換業者に対する規制はセキュリティー面以外では投機を助長する広告や勧誘の禁止、取引関連では仮想通貨(暗号資産)FXの証拠金倍率に上限(2~4倍)といったものが含まれます。
今回の規制強化は今後の健全な業界発展のためには必要不可欠なものであると思いますし、時に個別株以上の変動を見せる仮想通貨(暗号資産)のボラティリティを考えると証拠金倍率も決して低いということはないと思います。

6月4日(火)電子版11:02
*海外ニュース
「FB、新仮想通貨(暗号資産)構想を米当局と協議」

*筆者コメント
ファイスブックは新たな仮想通貨(暗号資産)の開発計画についてCFTCとの協議を始めたとのこと。FBが考える仮想通貨(暗号資産)はステーブルコインでユーザー間の支払い、広くネット上での買い物に使える構築計画のようですが、協議自体はまだごく初期のようです。
米国のIT大手のアマゾンは買い物が主体のため、もともとポイントであったりアマゾンギフトであったりと現金以外の決済手段も持ってはいますが、仮想通貨(暗号資産)ではありません。IT大手の一角を占めるFBが決済手段として仮想通貨(暗号資産)を導入となると、他のIT大手もどのような動きを見せてくるのか、仮想通貨(暗号資産)本来の技術導入が今後も増えてくるという点については興味深いものがあります。

今週のコラム「到達確率チャートを日足で見る」

今週も到達確率チャート内に示されているテクニカル指標をテーマにしてみます。日足チャートですから到達確率ではなく、テクニカル指標のうち「トレンドファインダー」と「QQE」に注目してみます。その他の指標は見やすくするため、すべて非表示とし、1週間を青い四角で囲みました。

今週のコラム「到達確率チャートを日足で見る」

まず「トレンドファインダー」です。トレンドファインダーとは上位時間枠(ここでは週足)の高値安値を下位時間枠(ここでは日足)の終値で、それまでとは逆のトレンドに抜いた時にバーの色を変える手法です。上のチャートでは6月4日に緑から赤へと陰転し下降トレンド入りしたことを示しています。前回色が変わったのは2月8日の陽転ですから、4カ月ぶりのトレンド転換となっていることがわかります。

もうひとつは「QQE」ですが、これはサブチャートの緑(陽転)と赤(陰転)で示されるもので、通常の指標に比べるとかなり早いタイミングでトレンドの変化を示します。このQQEでは高値をつける遙か前ともいえる5月17日に陰転しています。今週のテクニカルでも短期下降トレンド入りを前提とした書き方になっていますが、これらも考慮した分析となっています。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る