VISAによる新しい国際決済の開始(19/6/12)

仮想通貨市場は小幅に下落しています。

関連通貨:

VISAによる新しい国際決済の開始(19/6/12)

VISAによる新しい国際決済の開始

仮想通貨市場は小幅に下落しています。過去24時間の変動を比較するとビットコインが1.7%の下落、イーサリアムが1.2%の下落、リップルが2.7%の下落となっています。

決済に関してのニュースが出ています。VISAがブロックチェーン技術を一部利用した国際決済のプラットフォームであるVisa B2B Connect networkをスタートさせたことがロイターによって報じられました。

このプラットフォームはリナックス財団が提供するHyperledger Fabric を活用し一部ブロックチェーンを利用したものになっています。
企業間の直接銀行間取引を可能にし、以前も書きましたが各国通貨の決済で必要となるコルレス銀行の仲介をなくすことで国際決済を迅速にかつ安価に処理できるシステムになっています。

国際間決済は法定通貨の決済は通常2日間の期間が必要です。またドルの決済であればニューヨーク、ユーロの決済はフランクフルトかロンドン、ポンドの決済はロンドン、豪ドルの決済はシドニーに支店のある銀行の口座を経由する必要があります。このように各通貨はそれぞれ決済先が異なります。そしてこの経由する銀行がコルレス銀行と呼ばれる仲介銀行です。このように最低2日の期間と仲介銀行の存在が、コスト、時間がかかる原因のひとつになっています。
為替の変動、この送金手数料の高さが個人や企業にとって現在負担になっていますが、ブロックチェーンなどの技術を利用して時間の短縮とコストカットが行えれば、かなり画期的な進歩になると思います。

【BTC/JPYのテクニカル分析】

チャートはBTC/JPYの時間足と一目均衡表とMACDです。
昨日も書きましたが82~88万円のレンジ内の動きが続いています。一目均衡表の雲の上限が858,800円、下限が85万円に位置しており、ここを挟んだレンジが続いています。短期的には雲の下限の85万円を下抜けした場合は本日の安値841,000円付近への下落もありそうですが、依然として82~88万円のレンジ継続と見ています。

VISAによる新しい国際決済の開始

BTC/JPY時間足

【テクニカルポイント】

時間足ベース
989,000 直近高値
880,000 本日高値
860,600 一目転換線
858,800 一目雲の上限
856,300 一目基準線
855,700 現在値
850,000 一目雲の下限
841,000 本日安値
820,000 10日安値
743,500 5月17日安値
617,000 5月6日安値
614,900 5月4日安値

日足ベース
1,084,000 2018年4月高値
989,000 直近高値
893,000 一目基準線
892,300 20日移動平均線
856,900 5日移動平均線
855,700 現在値
845000 一目転換線
763,300 一目雲の上限
755,200 60日移動平均線
743,500 5月17日安値
672,000 一目雲の下限

関連記事

ページトップへ戻る