仮想通貨(暗号資産)週報 緩やかな上昇を継続しやすい(6月第2週)

ビットコインは5月末の高値からの調整も6月6日の安値でいったん底入れし、その後は緩やかな上昇の動きを続けています。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 緩やかな上昇を継続しやすい(6月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

5月末の高値からの調整も6月6日の安値でいったん底入れし、その後は緩やかな上昇の動きを続けています。5月半ばから続いていたボラタイルな動きが終わり、それ以前のように落ち着いた動きと値幅の縮小が見られます。現状では5月半ばの押しと6日安値を結んだサポートライン(ピンク)の上で動きを継続中と見ることができそうです。
しかし、5月高値を上抜けるほどの勢いはありませんので、上値の目途としても5月高値と6月高値との戻しで計算できる程度の上昇になってくると見ています。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

現在の水準は5月高値と6月安値の半値戻しに位置していることから、いったん調整を挟みやすい水準です。4時間足チャートに今週の安値を起点としたサポートラインとそれに平行に引いた短期の上昇チャンネル(水色)も示してみました。このチャンネルは値幅も狭く、すぐにどちらかに抜ける可能性が高そうですが、数日はこのチャンネル内での動きを継続しやすいでしょう。
またチャンネルを下抜けたとしても6月安値を割り込むほどの勢いもまた無さそうですから、下値の目途としては7700ドル程度までの押しがいいところだと見ています。そして上値は5月高値と6月安値の78.6%(61.8%の平方根)戻しとなる8710ドルとして、来週は7700ドルをサポートに8700ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

6月9日(日)電子版17:59
*国内ニュース
 「G20共同声明、財務相会議閉幕」

*筆者コメント
G20サミットに先立っていわゆるG20が福岡で開催され9日に閉幕しました。主要な議題は、貿易摩擦をきっかけとした世界経済が抱える下振れリスクでしたが、他の議題にはデジタル課税問題、経常収支不均衡問題、インフラ投資、そして金融市場の分断回避となっていました。事前に公表されていた通りマネーロンダリング対策の一環として登録制導入で合意しています。
合意から実際に各国が法制を整えるまでにどのくらいの時間がかかるかわかりませんが、デジタル課税問題にせよ、仮想通貨(暗号資産)の規制強化にせよ、当局としては後手に回りがちです。好材料、悪材料ともこれまででは考えられないような話題が今後も出てくることも間違いないでしょう。

6月7日(金)朝刊
*国内ニュース
「連載・ブロックチェーンを考える」

*筆者コメント
日経新聞朝刊に掲載されている「やさしい経済学」において7日から「ブロックチェーンを考える」というテーマで連載が始まっています。1回目はブロックチェーンの衆人環視という特徴、2回目は改ざんをむずかしくするためのハッシュ値、3回目はブロックの連鎖、4回目は分散処理、5回目(本日)はマイニング、ビットコインの技術的な背景についてわかりやすく説明されています。

ビットコインを筆頭に仮想通貨(暗号資産)もだいぶ知名度があがりましたが、相場面にばかり目が行きがちです。改めてブロックチェーンのことを知るにはよい連載だと思いますので、技術面に興味がある方はもちろん、無い方でも一度目を通しておくことをおすすめします。

今週のコラム「週足チャートのフィボナッチクラスター」

2週間前に日足チャートに到達確率チャートで表示しているフィボナッチクラスターを表示したチャートを紹介しましたが、日足ではそれなりに変化も出てくるため、ある程度中長期に使えるということで、今週は週足チャートにフィボナッチクラスターを表示させてみました。

フィボナッチクラスターとはフィボナッチ比を用いた値幅観測において、複数のターゲットが一致する水準にマークする描画ツールです。

今週のコラム「週足チャートのフィボナッチクラスター」

青の四角は1か月単位です。
こうして見ると先週、今週の安値圏にはピンクのターゲットが表示されているもののその下には目立ったクラスターはほぼ皆無に近い状態です。
一方で上値は8500ドル水準からかなり細かくターゲットが刻まれていて、上昇トレンドにはあるものの大きくは上がり辛そうなこと、また足取りは鈍くなりそうなことが見て取れます。この週足チャートの各ターゲットはすぐには変化しませんので、現在の水準を気に留めておけば十分です。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る