仮想通貨(暗号資産)週報 短期高値を見て調整局面入り(6月第4週)

先週末から考える9600ドル台から13900ドル台まで4000ドル以上も急騰し翌日には10500ドル台まで3000ドル以上もの急落です。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 短期高値を見て調整局面入り(6月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週のコメントでは10000ドルの大台を視野に入れると書いたのですが、10000ドルどころか14000ドル近くにまで急騰、その後は一部業者のシステムトラブルなどもあって、加熱し過ぎたところからの急落を見ることとなりました。先週末から考える9600ドル台から13900ドル台まで4000ドル以上も急騰し翌日には10500ドル台まで3000ドル以上もの急落です。

殺人通貨のポンドも驚きの大変動となりましたが、どのような相場でも天井圏や底値圏ではしばしばローソク足が長くなる傾向が見られ、今回のビットコインも短期的にはいったん高値を見た可能性が高いのではないかと考えています。今週は昨年1月以来の高値水準となっていますので、週足チャートをご覧ください。

*ここからの見通し(週足)

*ここからの見通し(週足)

上昇ペースとその後の急落が異常なのは上述の通りですが、まさか史上最高値とその後の安値の半値どころか61.8%戻しにあたる13507ドルをも上抜けるとは想像もしませんでした。しかし、その後半値戻しの11531ドルを下回る動きとなってきたことを考えると、いったん高値を見て来週は調整局面に入る可能性が高いと見ています。

その場合も、ここまでボラティリティが高いと調整の値幅もある程度余裕を見ておく必要がありますが、節目であった10000ドルの大台を超えたという強さもまた事実で、下値は10000ドルの大台を想定します。また上値はかなり悩ましいのですが、12000ドル台後半では売りたい向きも残っていると考え12500ドルを戻りの限界点と考えたいところです。来週はある程度値幅をともなった調整局面入りとして、10000ドルの大台をサポートに、12500ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。


6月25日(水)電子版 16:49
*国内ニュース
「金融庁、無登録の仮想通貨(暗号資産)交換業者に警告」

*筆者コメント
金融庁は海外FX業者にはしばしば警告を発していますが、今回は海外仮想通貨交換業者(セーシェル)に対して警告を発したとのこと。本日のG20サミットを前に、日本では規制を積極的に進めているというポーズの面も大きいような気がします。
FX同様に業者に対しては警告を発しても、個人投資家が自ら海外業者で取引を行うことに対しては現状規制できませんので、この件は氷山の一角でしょう。なかには最初から詐欺目的で営業している業者もあるかもしれませんので、個人としても十分な注意が必要です。

6月27日(木)朝刊
*国内ニュース
「金とビットコイン同時急騰、ドル離れ映す」

*筆者コメント
豊島さんのコラムですが、同時急騰は事実ですが、素直にドル離れかと言われると悩ましいところです。米国では金利低下思惑で株価上昇、これは素直な反応です。しかし、債券から株への資金移動は見られず、米国債もまた買われています。米国債買いには金利低下ともうひとつは安全資産としての側面があります。金価格の急騰も中東の地政学的リスクを反映した面とテクニカルな長期レジスタンス抜けが理由と考えられます。
ビットコインはどうか、これももちろんドル離れという見方は出来なくはないでしょうが、他の市場に比べて流動性が低いため、大口の仕掛けが入るとボラティリティが高くなる傾向はこれまでも見られました。ここからの展開はチャート分析で書いていますので、そちらをお読みください。

今週のコラム「仮想通貨(暗号資産)インデックス日足チャート」

毎朝更新している到達確率チャートとともにビットコイン、イーサリアム、リップルの3つの仮想通貨(暗号資産)から計算する仮想通貨(暗号資産)インデックスの日足と1時間足を更新しています。
今週はこの日足チャートを改めてご覧ください。

今週のコラム「仮想通貨(暗号資産)インデックス日足チャート」

(上段)ビットコイン、(2段目)イーサリアム、(3段目)リップル、全て対ドル
(下段)仮想通貨(暗号資産)インデックス、

ピンクの縦線は1か月前の5月28日です。以前もこうした比較をしたことがありましたが、1か月前と比べてビットコインは大きく上昇、イーサリアムはやや上昇、リップルは下がっています。大相場、特に今回のような急騰相場ではビットコインのパフォーマンスが目覚ましく、他のアルトコインからビットコインへの動きもこうした動きの変化に繋がっていると言えるでしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る