米雇用統計を控えて警戒感も(19/7/4)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移です。

関連通貨:

米雇用統計を控えて警戒感も(19/7/4)

米雇用統計を控えて警戒感も

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:11425.0ドル(+5.78%)
イーサリアム:293.39ドル(+1.60%)
リップル:0.39833ドル(+0.51%)
ビットコインキャッシュ:414.31ドル(+3.22%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移です。ビットコインは昨日の対ドルで10000ドルを割り込んだ水準を下値に持ち直す展開です。心理的な節目として10000ドルは意識されていた可能性はありそうで、今後の動きを見るうえでも重要な価格となりそうです。その他のコインも上昇しています。ただ、ビットコインが相場を主導しており、上げ幅はビットコインと比べれば小さなものとなっています。

さて、仮想通貨(暗号資産)相場を動かす要因として、現在意識すべきものは何かと考えると、米国の金融政策を挙げることが可能ではないかと思います。もちろん、仮想通貨(暗号資産)独自の材料であるリブラ(Libra)に対する思惑やビットコインETFなども注目すべきではありますが、現状においてはやや落ち着いてきているところではないかと思います。となると、外部要因が相場に対してそれなりの影響を与えるのではないかと思われます。

金融政策を考える上で米中貿易摩擦の今後の展開も意識する必要があるわけですが、目先に関しては少し落ち着くのではないかとみられています。昨日は米議会の動向などからすんなりと解消されるかというと懸念を抱いていると書きましたが、そういった動きが出てくるのはもう少し時間がかかるものと思われます。となると、金融政策を考えるうえで重要と思われるのは経済データであり、今週末の発表される米雇用統計ということになるでしょう。

前回の雇用統計においては非農業部門雇用者数が市場予想を大幅に下回り、10万人を割り込む結果となっています。今回の予想は16.3万人と持ち直すのではないかとみられています。しかし、昨日のADP雇用統計は市場予想を下回っており、市場には警戒感も強まりそうです。仮に2か月連続で市場予想を大きく下回り、10万人をも割り込むという展開となれば、市場からの利下げ圧力は強まるでしょう。昨日は米独立記念日の前日ということで米国株式市場は短縮取引となりましたが、ダウは史上最高値を更新しています。こうした状況下で米国は独立記念日を迎え、その翌日に雇用統計を発表という流れとなっています。仮想通貨(暗号資産)市場だけでなく、その他の市場においても波乱が巻き起こる可能性があるだけに注意すべき局面ということができるでしょう。後、日本が対韓国輸出規制を発動したことで、韓国ウォンや株価がどういった動きを見せるのか、そしてそれに付随して仮想通貨(暗号資産)市場にどのような影響があるのかも個人的には注目しているところです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σから調整の動きが入り、中心線をひげで抜けたものの、そこからは持ち直しています。節目としては中心線である10530ドル前後の水準とバンドの+2σである12920ドル前後の水準が意識されるのではないでしょうか。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σを意識しての動きから調整の動きです。バンドの中心線をひげで抜けたものの、そこから持ち直して上昇しています。再度+2σまで上昇する可能性も高いと思われます。ただ、+2σまで上昇しても直近高値を抜くことは出来ず、先々は上値の重さも意識されるのではないでしょうか。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dは持ち直しの動きを見せ、ゴールデンクロスから上昇しています。このまま上昇を続けるのかどうかに注目が集まります。上値余地は十分にあるため、目先は買われやすい地合いとなるのではないでしょうか。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから持ち直し、バンドの中心線を突破して上値を拡大しています。ただ、現状ではバンドの+2σには届いておらず、やや上値の重さも意識されています。ここからバンドの+2σまで上昇できるか、抑えられて中心線まで下落するかで流れが変わってきそうです。ただ、レンジ圏での動きが意識されそうで、大きな動きにはなりにくそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dはゴールデンクロスからの上昇です。高値圏まで上昇しており、この水準を維持することができるかどうかがポイントとなりそうです。特に%Kの動きには注意しておきたいところです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

14000ドル;心理的な節目
12920ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
12000ドル:心理的な節目

11430ドル:現在値

10530ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
10000ドル:心理的な節目
8130ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

関連記事

ページトップへ戻る