仮想通貨(暗号資産)週報「短期安値も見て調整が続く」(7月第1週)

先週14000ドル近くにまで急騰したと思ったら、今週は10000ドル割れと乱高下相場が続いています

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「短期安値も見て調整が続く」(7月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週14000ドル近くにまで急騰したと思ったら、今週は10000ドル割れと乱高下相場が続いています。その理由が一部業者による相場操縦の影響が強いのだとしたら、いくら何でもありの世界だとは言っても、真面目な投資家が引いてしまう懸念があります。(この件は今週のトピックスでも触れています。)

さて、チャートを見ると史上最高値を付けた後の安値3158ドルから先週高値13964ドルに対してのフィボナッチ・リトレースメントを見ると38.2%押しが9836ドルと、ほぼ今週安値の9725ドルと重なっていることがわかります。仮に上昇トレンド継続としてもみあい入りだとしても、この9800ドル水準が強いサポートとなってくると考えられます。

上値の目途は次の4時間足チャートご覧ください。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

今度は先週高値と今週安値とのフィボナッチ・リトレースメントをご覧ください。61.8%戻しが12339ドルとなっていて、高値を付けた後の戻り高値ともほぼ一致を見ています。ここを抜けてくれば上昇トレンド再開の可能性が高まりますが、2週続けての乱高下、しかも短期的には上も下も既に見た感が強いですから、ここからはもみあいを考えたいと思います。

来週はやや動きを狭める調整局面として、10000ドルの大台をサポートに、12500ドルをレジスタンスと先週と同じレンジを提示しておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。



7月2日(火)電子版 17:47
*海外ニュース
「ビットコイン急落、テザー絡み疑念広がる」

*筆者コメント
ビットコインは2週間前に1万ドルに乗せたと思ったら、先週は14000ドル間近まで上昇し、今週は一時10000ドル割れと乱高下をしています。この乱高下の原因の一つはテザー(米ドル連動のステーブルコイン)が絡んでいると言われていましたが、この記事にそのあたりの経緯が詳しく書かれています。少なくともビットコインとテザーとの取引量が連動していることは間違いないようです。

それ以上に気になるのが、それを行ってビットコインの価格を動かしたのがビットフィネックス(香港の仮想通貨(暗号資産)業者)であったという点です。証券取引であればこうした相場操縦行為はアウトです。もちろん海外業者ですから日本の法律は及びませんが、G20においてグローバルに規制を強めるというのも当然に思えてきます。

また、以前から言われている疑惑としてテザーはドルの裏付けが無いのではないかという点ですが、これについても実際にはドルでは無くビットコインを裏付けにしているという見方が書かれています。これもビットコインが上昇しているからいいという問題では無く、定義そのものを否定する行為と言え、将来的にビットコイン以外のアルトコインが力を失っていくきっかけになりかねないと思います。


7月3日(水)電子版17:21
*国内ニュース
 「仮想通貨(暗号資産)、入手したことあるが7.3%」

*筆者コメント
金融広報中央委員会(日銀)が発表した「金融リテラシー調査2019年」によると、仮想通貨(暗号資産)を入手したことのある人は全体の7.8%で、30代が最も多く23.9%であったとのことです。この調査は全国の25000人を対象に3月に行われたそうですが、この数字をどう思われるでしょうか。私は結構多いなという印象でした。

比較対象として民間調査機関の行ったFX取引を行ったことがある人の調査があります。こちらは6月に行われ、全国の10000人を対象にしたものですが、取引経験者は9.1%だったそうです。この数字だと仮想通貨(暗号資産)取引を行っている人よりもわずかに多い程度ということになりますが、実際にはアンケートに答える層が比較的若いと考えられ、仮想通貨(暗号資産)では高めに、FXでは低めに出ていると思われます。私が接する個人投資家でFX取引をされている方は、意外と年齢層が高いと感じるからです。

どの程度バイアスをかけているかは分かりませんが、少なくとも倍以上の開きはあるのではないかというのが個人的な実感なので、仮想通貨(暗号資産)は3割減で5.5%、FXが2割増で10.9%あたりではないかと見ています。しかし、取引を継続している人となると、半分以下というところでしょう。

今週のコラム「週足チャートのフィボナッチクラスター」

ここ2週間ほど大きく動いているので、以前紹介した複数のフィボナッチツールで同じターゲットが集中する価格水準を示すフィボナッチ・クラスターのチャートを示します。
日足ですとクラスターという印象が無いため、週足チャートでご覧ください。

今週のコラム「週足チャートのフィボナッチクラスター」

こうして見ると、レジスタンスは来週の予想レンジとほぼ同水準にありますが、サポートは10000ドルの大台ではなく、それを挟んで10650ドルレベルと9250ドルレベルにあります。下げきらない、大台を抜けた、といった場合にはこれらの水準も参考にしておくとよいかと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る