新興国での相対取引が増加(19/7/10)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇となって推移しています。

関連通貨:

新興国での相対取引が増加(19/7/10)

新興国での相対取引が増加

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:12446.0ドル(+1.72%)
イーサリアム:305.47ドル(-1.30%)
リップル:0.39052ドル(-2.03%)
ビットコインキャッシュ:412.38ドル(-0.48%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇となって推移しています。その一方でその他のコインは上値を抑えられており、ビットコインの独歩高とも言えるような展開となっています。昨日、ビットコインが仮想通貨(暗号資産)市場を先導し、アルトコインが出遅れる理由について少し考察しましたが、その流れが維持されているように感じられます。現状は仮想通貨(暗号資産)全体に対する買いの流れではなく、ビットコインのみが仮想通貨(暗号資産)の中で信頼されて買われているといった局面ということができるでしょう。

こうした動きを裏付けるかのように相対取引においてビットコインの取引高が新興国を中心に増加しています。特に、アルゼンチンやチリ、コロンビアやメキシコなどでの需要増がみられています。また、昨日少しふれた韓国も一時よりは需要が減退したものの、増加傾向は維持しています。

これらの国では自国の法定通貨の先行きに対する懸念から仮想通貨(暗号資産)へと資金を移動させている可能性があります。移動させる理由は通貨に対する信認の低下であると考えると、ビットコインと比べて信頼度の低いアルトコインへの資金移動は合理的な行動ではありません。これがビットコインが上昇する一方でアルトコインが出遅れる理由ではないかと思います。

さらに、メキシコの財務相が突然辞任といったニュースが入っています。これにより通貨ペソや株価が急落する展開となっています。今後の展開がどうなるのかが不透明ではありますが、これまでの流れから考えるとビットコインにとっては追い風となる可能性は十分にあるのではないかと思われます。

ただ、その一方で米国の利下げ観測が後退しており、米国債利回りも下落基調から持ち直し基調へと動いています。25bpの利下げの可能性は依然として高いと思われますが、仮に現状維持などということになれば、これまでの思惑が急激に巻き戻され、仮想通貨(暗号資産)市場にとってもきつい逆風となる可能性はあるでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの中心線で支えられ、上昇基調となっています。このまま+2σである12920ドル前後の水準を目指すものと思われます。ここをブレイクした場合は年初来高値を意識しての動きとなりそうです。調整の動きが入った場合はバンドの中心線である11330ドル前後の水準がポイントとなりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線で支えられて+2σを目指す動きが展開されています。このまま+2σまで上昇する可能性は高そうです。現状バンドの+2σは横ばいでの推移であり、ここをブレイクすることができるかどうかに注目です。バンド幅は縮小傾向となっていますが、まだバンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいとみており、バンドの+2σでは抑えられるとみています。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dはゴールデンクロスからの上昇で、堅調地合いが維持されています。このまま上昇基調を維持することができれば買いの流れも継続しやすいでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σを意識してのバンドウォークとなっていましたが、ここにきて調整の動きが入っています。ただ、下値の堅さが意識されており、目先はほぼ横ばいといった動きです。ここから調整の動きが再開されてバンドの中心線まで下落するのか、横ばいでの動きが継続するのかで流れが多少変わってきますが、仮に一時的な下落があってもトレンドそのものは上向きであり、押し目買いに支えられやすいでしょう。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dはデットクロスから下落していましたが、目先は持ち直しの動きも見られています。%Kは持ち直したのちに再度下落に転じていますが、%Dはしっかりとした動きを維持しており、底堅い流れです。ここから下落の流れとなるかどうかに注目ではありますが、目先は堅調地合いが意識されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

14000ドル;心理的な節目
12920ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

12450ドル:現在値

12000ドル:心理的な節目
11330ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
10000ドル:心理的な節目
9730ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

関連記事

ページトップへ戻る