仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいも下抜けの可能性が高い」(7月第2週)

14000ドル近くから10000ドル割れ、そして今週は一時13100ドル台に乗せるなど激しい値動きとしか言いようがありません。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいも下抜けの可能性が高い」(7月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

相変わらず激しい値動きが続いています。14000ドル近くから10000ドル割れ、そして今週は一時13100ドル台に乗せるなど激しい値動きとしか言いようがありません。しかしチャートだけ見ると、6月安値圏と7月安値を結んだサポートライン、そして6月高値と7月高値を結んだレジスタンスライン、これら2つのラインで構成されるトライアングル(三角もちあい)を形成しているように見えます。

どちらかに抜けた方向に値動きが加速しやすいパターンですから、来週あたりにはその結果がわかるか、あるいはしばらくもちあいを続けるか、いずれにしても抜けるまでは変に相場観を持つべきではない段階にあります。ただ、どちらかというとサポートラインに近いことや2度目の高値トライに失敗した動きから、下抜けの可能性の方がやや高いように見えます。4時間足チャートで拡大してみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

ピンクのトライアングル以外に先週示した2週前高値と先週安値とのフィボナッチ・リトレースメントのうち78.6%(61.8%の平方根)戻しが、今週の高値と一致を見ています。つまり現状は、先週安値と今週高値との押しを測る段階にあると言えます。
すると61.8%押しは昨日既に達成していますので、次のターゲットを考えると78.6%(61.8%の平方根)押しとなりますが、これは10456ドルとなり、サポートを下抜けることとなります。現在サポートは両水準の中間地点を着実に上昇し、来週には11000ドルを上回る位置に来ることを考えると、下抜けの可能性が高いというシナリオになります。

来週はもみあいを下抜ける動きをメインシナリオとして、10000ドルの大台をサポートに、12500ドルをレジスタンスと3週続けて同じレンジを提示しておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

7月8日(月)電子版 04:30
*海外ニュース
「南海バブル超えたビットコイン」

*筆者コメント
ビットコインの値動きは、2017年はチューリップバブルに例えられ、20000ドルを超えた時にはチューリップを超えたとも言われましたが、その後の急落はやはりバブルであったことを再認識させたものです。今回の記事では南海バブルという言葉が出ています。これは英国で起きた南海会社の株価暴騰と暴落を指しますが、ビットコインは暴落までの足取りは同じだが、その後の回復は超越しているという記事です。

またトランプ大統領によるFRBへの政治的な介入がFRBへの信認を低下させ、法定通貨であるドルへの信用をも低下させていることでビットコインに資金が流入しているといった分析を含め、最近のビットコイン上昇に関して各所からの意見がまとめられていて一読の価値はあります。

しかし一番気になることは、もしビットコインが安値圏を見た時にはマイニング作業が見合わず、ビットコインの存在価値をも否定することになりかねなかった、という冒頭の部分でしょうか。これも、いつ同じことが起きないとも限りませんので、そういう点ではアセットクラス足りえない、と考える投資家も一定数いるはずです。

7月12日(金)電子版05:15
*海外ニュース
 「FRB議長証言要旨」

*筆者コメント
半期に1度のFRB議長による議会証言の要旨です。当然、重要なポイントは金融緩和の方向性を示した金融政策に関する部分ですが、今回の議会証言ではフェイスブックが導入を計画しているリブラについてもかなり細かく言及しています。

概要はメリット、デメリットはあるもののフェイスブックのような規模の会社でマネーロンダリング等の対応が適切になされないと深刻な懸念を引き起こすということ。そして、それがなされるには12か月では足りないこと、来週のG7においてもリブラが議題の一つとなること等、簡単には認められそうもない言葉が並びました。
G7において更に各国から否定的な見解が出てくると、仮想通貨(暗号資産)相場にも影響が出てくるでしょうから、しばらくは当局とフェイスブックとの対応には注目せざるを得ません。

今週のコラム「水星逆行は波乱?」

金融占星術では水星の逆行は主要通貨ペアにおけるボラティリティ上昇との相関が高い現象と言えますが、年に3回3週間ほど続くこの現象が今週初から始まっています。
果たしてビットコインではどうなのかを見てみましょう。

次のチャートはビットコインの週足に水星逆行期間(←逆行開始、→逆行終了)を赤く着色してみました。

今週のコラム「水星逆行は波乱?」

あまり当てはまっていない期間もありますが、急騰、急落もありますので、8月1日までの水星逆行期間は大きな動きに注意したい時期と言えます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る