仮想通貨(暗号資産)週報「下降トレンド継続。次は9000ドル割れをトライ」(7月第3週)

今週も激しい値動きが続いていますが、ビットポイントの不正流出とフェイスブックが発行を予定しているリブラに対する当局の対応が悪材料となったと言えます。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「下降トレンド継続。次は9000ドル割れをトライ」(7月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週も激しい値動きが続いていますが、今週のトピックスで取り上げたビットポイントの不正流出とフェイスブックが発行を予定しているリブラに対する当局の対応が悪材料となったと言えます。それにしても1週間前には12000ドル近い水準にあったビットコインは一時9065ドルと大きく水準を下げ、昨日には10765ドルまで戻しています。
先週も今週も10000ドルの大台割れでは買いたい向きが残っていそうな動きとなっていますが、6月と7月の高値で変形ダブルトップをつけたようなチャートとなっていて、7月高値以降の動きはどう見ても下降トレンド入りとしか思えません。
やはり先週示したトライアングル(ピンクの細線で示したサポート)を下抜けたことで、大きくは平行線(ピンクの太線)で示した下降チャンネル内での動きということになるでしょう。
では4時間足チャートで拡大してみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートと同じ要素に加え、いくつかのテクニカルなターゲットを示してあります。
ピンクの太線の中での推移と考えた場合、先週高値と今週安値の半値戻しとなる11105ドルから61.8%戻しの11586ドルが戻しのターゲット(それぞれ青のターゲット)となります。またその後は再び下げに戻ると考えることが妥当です。その場合、4週前の高値を起点に3週前の安値までの下げ、2週前の戻しという逆N波動(ピンクの逆N字ライン)を考えます。その場合の100%エクスパンションが8915ドル、次に下げてきた時には9000ドルを割り込む可能性が高いでしょうし、大きな下げがある場合には127.2%(161.8%の平方根)エクスパンションの7765ドルも中長期的には考えておかなくてはならない水準です。
来週は戻り売りの流れをメインシナリオとして、9000ドルをサポートに、11500ドルをレジスタンスと、これまでより1000ドル低い水準を示しておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

7月16日(火)電子版 17:40
*海外ニュース
「ビットポイント、被害は5万人」

*筆者コメント
先週のレポートを書いた直後にビットポイントから仮想通貨(暗号資産)流出のニュースが流れ、流出はネットに接続しているホットウォレット部分が不正アクセスされたことがわかりました。ちょうど関係者との打ち合わせの最中に続報が入ってきたのですが、そうなると金額の問題よりも全員の仮想通貨(暗号資産)が危険にさらされたことの方が問題だといった話をしていました。
この記事では顧客11万人のうち被害を受けたのが5万人、金額は約30億円のうち顧客資産が約20億円で同社が補填することなどが社長会見で示されました。同社は6月末に金融庁の業務改善命令が解除されたばかりで、半月も経たない間に再び問題が起きたことになりますが、今回のホットウォレットからの流失は秘密鍵の暗号も解除されていたとのことで、内部関係者が絡んでいないとなると何も安全とは言えないということにもなりかねません。流出経路の解明はもちろんですが、各社のセキュリティ体制が本当に大丈夫なのか新たな不安につながる事件です。

7月18日(木)電子版04:15
*海外ニュース
 「リブラ規制、早急な対応必要。G7」

*筆者コメント
17日から始まったG7においてフェイスブックが来年発行予定の仮想通貨(暗号資産)リブラについての議論が行われました。G7に先立って米国議会の公聴会ではリブラの裏付け資産の5割は米ドル、その他ユーロ、ポンド、円と述べられ、20億人の潜在ユーザーがいることから裏付け資産も巨額となるため、各国の為替政策や金融政策にも影響が大きいという懸念が示されています。
G7でもほぼ同様の懸念が議論され、早急に規制の枠組みを作るべきであること、また各国中銀による作業部会でマネーロンダリング、消費者保護、プライバシー保護等を課題として10月を目途に最終報告書をまとめるとのこと。これまでの仮想通貨(暗号資産)とはことなり規模が大きく、通貨発行という国家主権と比して議論されていることからも、そう簡単には実現しそうも無いという印象です。
ただ、時代は着実に自由に国境を越えて利用できるデジタル資産を求める流れでしょうから、規制当局との交渉は今後も見ものであることも事実です。

今週のコラム「オート・フィボナッチ日足」

先週は水星の逆行は相場が荒れやすくビットコインもまた同じではないかと書きましたが、やはり荒っぽい動きとなっています。8月1日までこの日柄は続きますので、しばらくは注意です。

さて、これまで何度か週足を用いたオート・フィボナッチの水準(フィボナッチによるターゲットが集中している価格帯)をチャート上に出したことがありましたが、さすがに毎週ここまで振れが大きいと日足チャートのオート・フィボナッチで、しかも短期のターゲットを示すのみでも十分そうです。

今週のコラム「オート・フィボナッチ日足」

今週は日足でオート・フィボナッチ短期ターゲットを各ターゲットのレート付きで示しますので、併せて参考にしていただければと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る