ビットコイン大幅上昇(19/8/6)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅続伸しての動きです。

関連通貨:

ビットコイン大幅上昇(19/8/6)

ビットコイン大幅上昇

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:11697.0ドル(+6.97%)
イーサリアム:230.70ドル(+4.84%)
リップル:0.32204ドル(+0.21%)
ビットコインキャッシュ:349.01ドル(+3.35%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅続伸しての動きです。上昇の時間としては日本時間9時から上げ幅を拡大していることを考えると、アジア市場の株安などが強く意識されたものと思われます。その他のコインもビットコインにつれ高となっています。ただ、ビットコインが大きく上げており、その他のコインの出遅れ感は否めない状況です。

さて、ビットコインの相対取引を手掛けるローカルビットコインの週間取引高が新興国を中心に世界的に増加しているといったことを7月10日『新興国での相対取引が増加』の中で書きました。それから世界的に見れば取引高は下落傾向にありましたが、今週の動きに関しては注目しておいたほうが良いかもしれません。

特に昨日の上昇がアジア時間に起こっていることを考えると、日本・中国・韓国の相対取引が増加した可能性があります。日本に関しては6月末から取引が増加しています。一方、中国は比較的落ち着いた動きが継続しています。また、韓国は5月末にピークを付けてそこから下落傾向にあります。しかし、株式市場や為替相場においてリスク回避的な動きが強まる中で、相対取引が急増している可能性もあります。特に株式市場が急落し、通貨も売り圧力が強まる韓国の動向には注意を払うべきではないかとみています。

また、その他の材料としてライトコインの半減期直前の動きに注目が集まりました。ライトコインの報酬は5日の19時過ぎに半減されたわけですが、その直前に上昇する動きを見せました。半減期に関してはかなり織り込まれているといった話もありましたが、価格上昇に対する期待感などが相場を押し上げた可能性はありそうで、今後も半減期に絡んだ変動には注目といったところでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σをブレイクしており、ここからさらに上値を拡大するかがポイントとなりそうです。バンドウォークとなれば、12000ドルや13000ドルといった価格が節目となりそうです。一方、調整の動きが入った場合はバンドの中心線である10220ドル前後が意識されることになりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンド+2σをブレイクする展開です。このままバンドブレイクからバンドウォークとなるかどうかに注目です。バンドの-2σがじり安基調であり、バンド幅の拡大を伴いながらの動きが展開されています。バンドの-2σが下落基調を維持すれば、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークとなり、上値を拡大するでしょう。逆にバンドの-2σが横ばいから上昇といった動きになった場合は調整の動きが意識されることになりそうです。その意味でバンドの-2σの方向感に注目です。ただ、いずれにしてもトレンドそのものは上向きですので、安易な戻り売りはリスクが高そうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dはゴールデンクロスからの上昇で高値圏に入っています。ただ、%Kは天井打ちから下落となっており、このまま下落基調を強めた場合は売り圧力が意識される可能性が高まるでしょう。%Dはまだ上昇基調を維持していますが、上値余地はほとんどないので、この水準を維持することができるかがポイントとなりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線と+2σで挟まれたレンジを動いていましたが、一気に+2σをブレイクしてバンドウォークとなって上値を拡大する動きが展開されています。バンドの-2σも上昇基調から急落してバンド幅が急拡大しました。しかし、目先はバンドの-2σが上昇に転じており、バンドの±2σが上昇基調となっています。トレンドそのものは上向きですが、調整を入れながら上値を拡大するといった展開になりやすいのではないでしょうか。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが高値圏での推移です。ただ、天井打ちから下落となっており、デットクロスが意識されています。このまま下落基調を継続するのかどうかに注目です。仮に下落基調が強まった場合はバンドの中心線に向けて一時的に調整の動きが意識されることになりそうですが、可能性としては十分にあるとみておいたほうが良さそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13000ドル:心理的な節目
12000ドル:心理的な節目
11700ドル:現在値

11380ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

10220ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
10000ドル:心理的な節目
9090ドル:7月17日の安値水準
9060ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
9000ドル:6月中旬に意識された水準

関連記事

ページトップへ戻る