ビットコイン新高値(17/10/20)

仮想通貨ならぬ架空通貨のICOを中国で禁止したことが最大の要因

関連通貨:

ビットコイン新高値(17/10/20)

ビットコイン新高値

ビットコイン(対ドル)は、9月1日に高値5121ドル(数字はすべて丸めました。以下同様)を付けた後、急激な調整が入り9月14日には2769ドルまで、わずか2週間で46%もの下落を演じました。仮想通貨ならぬ架空通貨のICOを中国で禁止したことが最大の要因ですが、9月1日までの上げが急であったことから一気に利食い売りが入った結果とも言えるでしょう。通貨という名前は付いていますが、流動性は圧倒的に少なくドル円やユーロドルとは比較になりません。

そして、流動性が少ない上に流通量が少ないわけですから上がる時もまた急激で、先週10月12日には9月高値を上抜け、5815ドルの新高値を見るに至っています。その後は5054ドルまで下げ、昨日には5506ドルまで回復と実に荒っぽい値動きです。ここに至るまでの不安要因が落ち着いてきたことに加え、国内では9月29日に仮想通貨交換業者11社が金融庁に登録されたことで取引業者に対する信用力がついたことが大きかったと考えられます。現在も19社が継続審査中です。

今後ビットコインがどこまで上がる可能性があるのか、久しぶりにテクニカルな観点から分析してみましょう。今回は週足をご覧ください。

ビットコイン新高値

ビットコイン/ドル 週足

いかに急激に上昇しているかわかりますが、ここまで振れが大きいと通常のスケールよりも対数軸を用いた方が見やすいのではないかと思えるほどです。今回は7月安値1821ドルを起点に8月高値3300ドルまでの上げ、その後の9月の押し2769ドルまでの下げによるN波動を考え、そこからフィボナッチ・エクスパンションを計算します。すると、最も重要なターゲットとなる100%エクスパンションが6069ドル、次のターゲットとなる127.2%(161.8%の平方根)エクスパンションが6966ドルです。

現在は6000ドルと次の大台を視野に入れつつ、値動き次第では7000ドル前後をターゲットにしていると考えることが出来そうです。

関連記事

「暗号資産羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトは暗号資産およびブロックチェーンに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の暗号資産、金融商品等の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
暗号資産に関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各暗号資産交換業者等に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社は暗号資産取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各暗号資産交換業者等のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各暗号資産交換業者等との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、暗号資産取引等に伴うトラブル等の利用者・各暗号資産交換業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。また情報提供者自身が当該商品の自己ポジションを持って売買している場合があります。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、暗号資産羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る