【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2

、受け取ったビットコイン・データのデジタル署名/認証を検証することにより、鎖のように繋がれたビットコインの所有者履歴を確認することができます。

関連通貨:

【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2

【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2

ビットコインを転送/送金する場合、転送/送金前のデータに、今回のデータを繋ぎ合わせてデジタル署名/認証することを繰り返しているため、信頼して転送/送金することができます。

【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2

商品の売り手/資金の受取側」は、受け取ったビットコイン・データのデジタル署名/認証を検証することにより、鎖のように繋がれたビットコインの所有者履歴を確認することができます。

当然これだけでは問題があり、受取人が受け取ったビットコインが、過去の所有者によって「二重支払/消費」されていないか、検証できない点です。ビットコインに限らずですが、自分の受け取った資金に「二重支払/消費」が発生して不正な取引が行われていた場合、買い手に渡した商品は戻らずに、受け取った資金だけが取り消されてしまうリスクがあります。

【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2 2枚目の画像

一般的な取引における「二重支払/消費」問題の解決法は、中央機関/当局か貨幣鋳造所/造幣局を導入し、「二重支払/消費」防止のために全取引を監視させることです。

取引にかかる一連の処理が終わった後、使用された貨幣/紙幣は新しい貨幣/紙幣を発行するために貨幣鋳造所/造幣局に戻されて、貨幣鋳造所/造幣局から新しい貨幣/紙幣が発行されます。それにより、貨幣鋳造所/造幣局から直接発行された貨幣/紙幣のみが、「二重支払/消費」に使用されていないと信頼されています。

【ビットコイン原論文13】Transactions:取引(不可分な一連の処理)2 3枚目の画像

この貨幣鋳造所/造幣局を使った解決法の問題は、銀行やクレジットカード会社等の金融機関/第三者機関が仲介しなければならない状況と同じです。
全ての取引が貨幣鋳造所/造幣局を通じて行われなければならないため、貨幣鋳造所/造幣局の運営母体に依存してしまい、通貨システム全体の運命が大きく左右されてしまいます。

[ビットコインのホワイトペーパー原文は、bitcoin.org様より転載させていただきました。
Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

関連記事

ページトップへ戻る