仮想通貨(暗号資産)週報 「上昇トレンドは終わり下降トレンド入り」(8月第3週)

NYダウが急落する動きとともにビットコインもアルトコインも軒並み総崩れとなりました。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「上昇トレンドは終わり下降トレンド入り」(8月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週想定した続伸の可能性があったのは週前半まで、その後ETF承認の判断延期が悪材料となり徐々に上値が重たくなる中で、NYダウが急落する動きとともにビットコインもアルトコインも軒並み総崩れとなりました。特に、リップルやイーサリアムの下げは厳しいものがあり、ビットコインが上げた分を失ったのに対して、イーサリアムは5月上旬の水準、リップルに至っては年初来安値を更新することとなりました。

こうなると全体的な地合いの悪さが目立ってきますので、ビットコインもこれまでの上昇基調は終わり、短期的には下げに転じたと考えることになります。当面は7月安値9066ドル水準をターゲットとすることになりそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

後から振り返ると青のサポートラインを下抜け、現在はピンクのレジスタンスラインを引ける流れに変化したことがわかるのですが、先週執筆時点(9日)はまだサポート上にいたため、上昇トレンド継続を考えたわけです。しかし、週末に下抜けた時点で変調を来し、その後は明らかに下降トレンドへと転じる動きとなりました。

現状では戻り売りを考える流れにありますが、戻りの限界点としては先週高値と今週安値の半値戻しにあたる10900ドル水準、そして、下げが再開するときには7月29日安値の9175ドル(ピンクの水平線)を目指す展開、そしてそのすぐ下には7月安値(赤の水平線)もあります。
来週は、7月29日安値に近い9200ドルをサポートに、上記半値戻しの10900ドルをレジスタンスと、下方向への動きを考えつつも、やや広めのレンジを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースから海外の話題を2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

8月10日(土)朝刊
*海外ニュース
「仮想通貨、マネロン対策で国際連携」

*筆者コメント
これまでの仮想通貨(暗号資産)取引では、当局監視は無いに等しい状況でマネーロンダリングの温床となることが懸念されていました。そこで、当局監視がしやすくなるように、マネーロンダリング対策の国際組織であるFATF(金融活動作業部会)が新システムを手掛けるとのことです。
ちなみに来年に具体策をまとめ数年内に稼働を目指すとのことですから、それまではまだ対策が不十分な状態が続きますし、そもそもG20参加国以外にどの程度の拘束力があるのかも不明です。こうした周辺環境が整うのに数年、果たしてそれまで今までのような仮想通貨(暗号資産)ブームが続くのかという気もしてきます。

8月14日(水)朝刊
*海外ニュース
「SEC、ビットコインETFの承認判断を再延期」

*筆者コメント
2017年以降ビットコインETFの申請があるたびに、SECが判断を延期してきましたが、12日にSECは今回も判断を再延期し、新たな判断期限を9~10月としました。今回は一部で楽観的な見通しもあったようですが、資産流出をはじめ仮想通貨(暗号資産)自体に不安材料がある中での承認は困難なようです。
上記のマネーロンダリングもありますし、秋の判断でも再延期、あるいは承認せずということも十分あるでしょう。フェイスブックのリブラ計画以降、当局は一段と慎重になってきていると思いますので、今のままだとビットコインETFの承認は年内には無いという感じが強くなってきたと考えられます。

今週のコラム「到達確率チャートの日足QQE」

先週お知らせしたとおり、今週から毎朝の到達確率チャートに日足QQEも併せて表示してあります。この日足QQEと1時間足QQEについての基本的な見方について、今週は簡単に解説を加えておきましょう。

まず、イーサリアムの到達確率チャートをご覧ください。

今週のコラム「到達確率チャートの日足QQE」

下側に表示されているサブチャートが日足QQEです。赤丸で囲った日足の終値でそれまでの買いシグナル(↑)が売りシグナル(↓)に転じたことがわかります。そうなると、ザラバのチャートでは売りシグナルに沿ったQQEにより重きを置くこととなりますので、黄色のラインマーカーで示した60分足QQEが売りシグナル(赤)が本流です。買いから売りに転じた時点で売る、あるいは買いが出ている時に戻り売りを狙う、といった使い方ができるでしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る