GSOMIA破棄がもたらす影響は?(19/8/23)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。

関連通貨:

 GSOMIA破棄がもたらす影響は?(19/8/23)

GSOMIA破棄がもたらす影響は?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:10156.0ドル(-0.10%)
イーサリアム:191.35ドル(+3.04%)
リップル:0.27074ドル(+2.03%)
ビットコインキャッシュ:311.53ドル(+3.33%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。一時10000ドルを割り込む動きを見せましたが、再度持ち直しており、現状は10000ドルを上回る水準での推移です。一方、その他のコインは上昇しています。ビットコインドミナンスが低下する流れが意識されています。

世界経済の先行きに対する警戒感や地政学的リスクの高まり、英国の合意なき離脱などに対する懸念が強まっています。こうした中で仮想通貨(暗号資産)がどういった動きを見せるのかは注目です。安全資産として意識する向きもありますが、以前ここでも述べたように個人的にはまだ金などと同等の地位には到達していないと考えています。もちろん、一時的に金などとの相関性が高まる場面もあるかと思いますが、ビットコインを安全資産として認識しての動きかというと疑問が残るといったところでしょう。

さて、昨日韓国がGSOMIAを破棄すると通告しました。これに関してここで具体的に何かを述べることは差し控えますが、韓国ウォンが大きく下落しており、対ドルで1200ウォンを突破といった展開となっています。自国の通貨安は輸出の面では有利と思われるかもしれませんが、現状では半導体不況のために輸出が伸びないということも考えられます。また自国の通貨安が外国資本の流出を招き、さらに通貨が下落といった展開もないわけではありません。今回の決定が経済的にも影響を与える可能性は高く、今後の動向に注意を払う出来でしょう。

仮にウォンがさらに急落といった展開となった場合、仮想通貨(暗号資産)への逃避が起こる可能性は十分にあるでしょう。韓国は仮想通貨(暗号資産)の取引が比較的盛んであり、思わぬ大きな動きをもたらす可能性もあるのではないかとみています。とはいえ、この問題に関してはすぐに大きな動きをもたらすといった展開ではなく、また起こるかどうかもわからない話ではあります。とはいえ、アジア通貨危機の再来を予言する人も出ており、頭の片隅には入れておいたほうが良いのではないかと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの中心線で抑えられてバンドの‐2σを目指して下落しています。下ヒゲでもバンドの-2σには届いておらず、下値の堅さも意識されている状況です。目先はバンドの中心線である10980ドル前後の水準と-2σである9660ドル前後の水準が節目として意識されるのではないかとみています。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線で抑えられて下落しています。上値の重さが意識されており、先行きに対する警戒感が強まっています。バンドの-2σまで下落する可能性は高いとみていますが、そこをブレイクして下値を拡大する可能性は低いのではないかとみています。目先はレンジ圏での動きが意識されるとみています。ただ、10000ドルが下値として意識されており、ここを割り込んで戻せないということになれば、売り圧力が強まる可能性があるため注意が必要でしょう。

またストキャスティクスを見ると、%Kは下落していたものの、目先は横ばいとなっています。ここからの方向感に注目ですが、一時的には持ち直す可能性もありそうです。一方、中期線は下落しての推移です。売りの流れが意識されており、上値の重い展開となりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから持ち直す動きが展開されています。ただ、バンドの±が下落基調であり、トレンドそのものは下向きです。バンドの中心線まで押し戻す可能性はありそうですが、そこから再度下落して下値を拡大といった動きとなる可能性は高そうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは下値圏での動きからゴールデンクロスとなり上昇しています。ただ、%Kは腰折れしており、ここからの方向感に注意する必要がありそうです。一方、%Dは上昇基調を維持しているので、流れとしては底堅い動きが意識されやすいのではないかとみています。バンドの中心線までは持ち直す可能性がやはり高いのではないかとみています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13000ドル:心理的な節目
12300ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
12000ドル:心理的な節目
11000ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

10160ドル:現在値

10000ドル:心理的な節目
9660ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
9090ドル:7月17日の安値水準
9000ドル:6月中旬に意識された水準

関連記事

ページトップへ戻る