仮想通貨(暗号資産)週報 「下降トレンドも調整局面が続く」(8月第4週)

6月の年初来高値以降の高値を切り下げる動きは続いていて、下降トレンドの中での調整局面入りと考えることがテクニカルには妥当であると言えるでしょう。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「下降トレンドも調整局面が続く」(8月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週引いたピンクのトライアングルの中での動きを続けています。週初こそ買いが強まり11000ドル目前の水準まで買われましたが、下降トレンド継続と考える参加者も多く後が続きませんでした。かず、昨日は9700ドル台に入った後、10000ドルの大台を回復しています。6月の年初来高値以降の高値を切り下げる動きは続いていて、下降トレンドの中での調整局面入りと考えることがテクニカルには妥当であると言えるでしょう。また今週は細かな材料とはいえ、ビットコインにとっては好材料が比較的目立っていましたが、それでも上がりきらないというところに地合いの悪さを感じます。
4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートに引いたトライアングルをそのまま表示してありますが、上値はレジスタンスラインが位置する10800ドル水準で抑えられそうです。一方で下値はサポートラインが位置する9350ドルまではやや距離があることを考えると、その手前で先週安値の9524ドルをターゲットとしやすい流れにあると見てよいでしょう。
来週は、先週安値に近い9600ドルをサポートに、ラインの位置する10800ドルをレジスタンスと、下降トレンドを見つつも調整局面が続く流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。
取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

8月17日(土)朝刊
*海外ニュース
「米インターコンチ取引所、9月にビットコイン先物を上場」

*筆者コメント
インターコンチネンタル取引所(ICE)が、9月23日からビットコイン先物の取引を開始する準備が整ったことを発表しました。ちなみにICEはニューヨーク証券取引所(NYSE)も傘下に持ち取引所グループとしてはシカゴマーカンタイル取引所(CME)グループに次ぐ規模となっています。
今回の先物はCMEとは異なり。ICEがグループ会社として持つバックトのビットコイン先物となり、現受け(通常の先物同様に対象資産そのものでの受け渡し)が可能となる模様です。世界第1と第2の取引所グループが、それぞれビットコインを扱うことで、ビットコイン取引自体はより活発なものとなりそうです。
しかし、CMEでの上場時のようなお祭り騒ぎにはならないでしょう。

8月20日(火)朝刊
*国内ニュース
 「Tポイントをビットコインに」

*筆者コメント
ビットフライヤーが20日からTポイントと提携し、Tポイントプログラムを開始しました。これは、ビットフライヤーの取引所でビットコインをTポイントで購入できたり、対象店でビットコイン決済をした場合にTポイントが溜まったり、という内容です。
TポイントはコンビニやTSUTAYAをはじめ、多くの加盟店がありユーザー数は7000万人を超えています。またポイント自体は買い物等に付随して付与されるものですから、試しにビットコインに変えてみようかという人も相当数出てくるかもしれません。そして、おそらくその多くは流動しないビットコインとなる可能性があり、ひょっとしたらビットコインの底上げ要因になる可能性もありそうです。
ちなみにTポイント100ポイントで買えるビットコインは85円分とのことです。

今週のコラム「日足フィボナッチ・クラスター」

以前、このコラムでビットコインのフィボナッチ・クラスター(フィボナッチ比を使った値幅観測で複数の水準が重なるレベルを自動で表示したもの)を何度か紹介したことがありますが、今週はビットコインだけでなく、イーサリアムとリップルのクラスターも見てみましょう。

今週のコラム「日足フィボナッチ・クラスター」

(上:ビットコイン/ドル,中:イーサリアム/ドル,下:リップル/ドル)

短期がピンク、中期が水色、長期が黄緑ですが、それ以外の色は複数の期間のクラスターが更に重なっている水準です。ビットコインはそれなりに動きがあり、クラスターも比較的近い水準に集中していますが、アルトコイン2つでは、ほぼ現在の水準もしくはかなり離れた水準となっていて、ビットコインも調整が続く中、動きが出にくそうな雰囲気が見て取れると言えそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る