仮想通貨(暗号資産)週報 「下降トレンドからもみあいへと逆戻り」(9月第1週)

テクニカルにはトライアングル下抜けトライが結局は下ヒゲのみで終わり、抜けることが出来なかったことが大きいと考えられます。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「下降トレンドからもみあいへと逆戻り」(9月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

8月末までは上値が重く高値を切り下げ10000ドルの大台を割り込んでいましたが、9月に入りビットコインが急反発し、4日には11000ドル近くにまで上昇する動きを見せました。材料的には他のアルトコインを売ってビットコインを買う動きがあったといったニュースも見ましたが、テクニカルにはトライアングル下抜けトライが結局は下ヒゲのみで終わり、抜けることが出来なかったことが大きいと考えられます。
この動きから、当面はトライアングルの中での動きを継続し、上下ともに明確に抜けるまでは中期的なもみあい局面に逆戻りというチャートです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートに引いたラインと同じ色で全てのラインを表示してありますが、トライアングルの下抜け失敗と8月のレジスタンスライン(オレンジ)を明確に上抜けた動きも、テクニカルな買いを支えたと見ることができます。抜けたレジスタンスがサポートとなってきますが、ちょうど大台回復の10000ドル水準から来週にはトライアングルの下限と再び重なる水準にまで下がっていきます。
一方、上側はトライアングルのレジスタンスが11000ドル水準を下降中です。来週中にはどちらの水準を抜けていく動きは考えにくいため、日足チャートで示したトライアングルの中で、大台10000ドルをサポートに、11000ドルをレジスタンスとする展開を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

8月6日(金)朝刊
*海外ニュース
「ブロックチェーンの国際ルール整備 金融庁方針」

*筆者コメント
金融庁長官が5日に開催されたFIN/SUMで講演、ブロックチェーン技術の進展で規制効果が十分に及ばない状況が想定されると指摘しました。最近の各国の金融当局による仮想通貨(暗号資産)に対する警戒はリブラ計画以降かなり高まっていますが、規制で先行している日本が主導して国際研究体制を整備していくとのことです。
仮想通貨(暗号資産)が金融業界、そして金融当局の監視下にという流れの中で、本当に日本が主導することが出来るのかという疑問が正直あります。これまでも金融のルール作りは米国が中心で進んできましたし、その影響力を米国が他国に渡すわけがないでしょうから、最終的にはお膳立てだけをする役回りになるのではという気がします。

9月6日(火)電子版08:40
*国内ニュース
「北朝鮮のサイバー攻撃、韓国など17か国に」

*筆者コメント
これまでも何度も登場している国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会による中間報告書が正式に発表されました。密輸についても触れられていますが、石炭の密輸出が2019年の1~4月に127回で9300万ドルに対して、サイバー攻撃による仮想通貨(暗号資産)の不正取得が3年間で20億ドルと、どちらもさっくりと1年に換算すると2.7億ドル対6.7億ドルと北朝鮮がサイバー攻撃による外貨取得を重視しているであろうことがわかります。
また海外に弾道ミサイル開発部署からIT関連労働者を派遣し(出稼ぎですね)、北朝鮮に毎月外貨を送っているようです。表向きは外交で動きながらも裏では国家主導の犯罪というスタイルは、昔から何も変わっていないですね。

今週のコラム「ビットコインとイーサリアムの比較」

今週ビットコインが上がった最大の理由はテクニカルな面であったと思いますが、材料的には仮想通貨(暗号資産)全体の中でビットコインが独り勝ち状態で、アルトコイン全体の地盤沈下があり、この現象は今週に限ったことでは無く長期的な傾向として続いています。

下のチャートはビットコイン、イーサリアム、ビットコイン÷イーサリアム(1ビットコインを買うのに必要なイーサリアムの単位)の日足チャートです。

今週のコラム「ビットコインとイーサリアムの比較」

こうして見るとビットコインの上昇にイーサリアムがついて行けず、下段の比率は着実に上昇していることが明確です。第2位のアルトコインであるイーサリアムでもこの状況ですから、特殊要因のあるマイナーなアルトコインは別として主要なアルトコインは徐々に輝きを失っているように思えます。こうした状況が長く続くとアルトコイン市場全体の取引量低下につながりそうですが、年末くらいにはどうなっているでしょうか。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る