仮想通貨(暗号資産)週報 「来週もトライアングル内のもみあい継続」(9月第2週)

今週はこれまでのレンジも700ドルに満たず、目立った材料が無かったこと以上にテクニカルにトライアングルを抜けるまでは動きにくい

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「来週もトライアングル内のもみあい継続」(9月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週も示したトライアングルですが、下ヒゲで抜けた部分をトライアングルの中に含めて引き直しましたが、ほとんど変化はありません。今週はこれまでの上下幅も700ドルに満たず、目立った材料がありませんでした。それ以上にテクニカルのトライアングルを抜けるまでは動きにくいという見方が市場参加者にも広がっていたと考えられます。このトライアングルを抜けるまではもみあいが継続、抜けた場合に抜けた方向に勢いづくという見方は変わりません。
4時間足チャートで見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートのトライアングルが上下に見えるピンクの太線のトレンドラインですが、最近のもみあいと収束気味の動きを考えると上下ともその手前での節目を考えることとなります。上側は先週高値と今週安値のフィボナッチリトレースメントの78.6%(61.8%の平方根)戻しが10686ドル(青のターゲット)となっています。
また下側は先々週安値と先週高値の同じく78.6%(61.8%の平方根)押しが9671ドル(赤のターゲット)となっていて、これらのレンジの中でのもみあいを継続する可能性が高く、仮に抜けたとしてもトライアングルの両線の内側で動いている間は方向感は出ないでしょう。トライアングルをどちらかに抜けるのは来週か再来週か、そろそろ煮詰まりつつあることだけは確かです。

なお、来週のメインシナリオはもみあいと見て、9700ドルをサポートに、10700ドルをレジスタンスとする展開を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

9月7日(土)朝刊
*国内ニュース
「LINE子会社、仮想通貨交換業者に登録」

*筆者コメント
LINEの子会社LVCが正式に仮想通貨交換業者としての登録が完了したとのこと。LINEはこれまでも海外では仮想通貨交換業をしていましたが、日本では未登録のため同社の売買プラットフォームを利用することは出来ませんでした。新規の仮想通貨交換業者自体は着実に増えていますが、これがLINEとなると今までとは変わってくる可能性があります。
現在、日本国内におけるLINEの月間アクティブユーザー数は8000万人を超えると言われ、ほとんどすべてのスマホ、あるいはPCユーザーがLINEユーザーであると言っても過言では無い状況です。国内に限って言えば、これはフェイスブックの3倍以上です。もちろん、この中には未成年や仮想通貨に全く興味の無い人も含まれますが、既にLINEにはポイント、決済といった仕組みが整っていますので、このあたりを組みわせて一気にユーザー数が増える可能性があります。先日のTポイントと同様、今後の注目会社としてLINEが仮想通貨(暗号資産)に登場という感じです。

9月13日(金)電子版06:25
*海外ニュース
「仏経財相、リブラ欧州で運用認めず」

*筆者コメント
フェイスブックの計画するリブラが先進各国で警戒されていますが、フランスのメール経財相がOECDの会議において、フランスは欧州での運用を認めないと表明しました。これまでは警戒している程度で具体的に禁止するといった話までは進んでいませんでしたが、フランスは国家主権を脅かす恐れがあるとして正式に認めないと声を上げたこととなります。
先のG7では規制を満たす必要があるという意見でしたが、そこから一歩踏み込んでこのような発言が出てきたとなると、G7は横並びでリブラ認めずという流れに今後なってくるかもしれません。仮にそうなった場合、フェイスブックは利益機会を失うのは当然として、G7そしてG7の国民にとってはいいことなのか、悪いことなのか、そしてこういう時には必ず漁夫の利を得る企業も出てくるものです。これで決定というわけでは無いでしょうから、当面は他のG7各国の動向には注意が必要です。

今週のコラム「リバースエンジニアリングRSI」

動きも鈍く目新しいことも書きにくいので、今週は変わり種テクニカル指標を紹介しつつ、やはり動いていないよね、ということの確認です。

改めてビットコイン日足チャートをご覧ください。

今週のコラム「リバースエンジニアリングRSI」

バンド系指標に分類されますが「リバースエンジニアリングRSI」というテクニカル指標で、RSIの上限数値(ここでは75を使用)、下限数値(ここでは25を使用)に、足1本で到達するにはどの価格まで上下すればいいかということを示しています。最近のようなもみあい相場ですと上下のバンドの中央付近での推移に留まりますが、その時々のサポート、レジスタンスを知るための変わり種指標と言えます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る