仮想通貨(暗号資産)週報 「トライアングル内でのもみあい継続も、抜ける時は注意」(9月第3週)

昨日の東京市場で一気に10000ドルの大台を割り込み9700ドルまで下げたと思ったら、NY市場の引け間際には完全に行って来いとなり日中高値を上抜けました

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「トライアングル内でのもみあい継続も、抜ける時は注意」(9月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週もビットコインはトライアングルの中での動きを続けました。今週の前半は上値の重たい展開が続いていましたが、昨日の東京市場で一気に10000ドルの大台を割り込み9700ドルまで下げたと思ったら、NY市場の引け間際には完全に行って来いとなり日中高値を上抜ける乱高下を演じました。

今週は週初からビットコインの上値が重たい一方で、イーサリアム、リップルといったアルトコインは底堅く大きく上昇しました。リードしたのがイーサリアム、週半ばからリップルも追随しましたが、その間もビットコインは上値を切り下げる動きとなっていました。
以前はアルトコインからビットコインに資金がシフトする現象が目立っていましたが、今週はそうした動きに対する調整が入り、ビットコインからアルトコインへと資金が還流した動きだったと言えます。アルトコインの上昇が昨日はビットコインの行って来いの要因ともなったわけですが、ビットコイン単体で見た場合には今だもみあいを継続しています。
4時間足チャートで見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートのトライアングルがピンクの太線です。また赤の水平線は8月29日安値と9月6日高値のフィボナッチリ・トレースメントです。大きくはトライアングルの中での動きを継続ですが、昨日の下げは、ほぼ78.6%押しの水準で止められていることから、いったん目先の安値をつけたという印象です。いっぽう、上値は緩やかに高値を切り下げる展開を続けていて、これが続くとすると10350ドル水準が重たくなってきますし、抜けた場合でもトライアングルの上側のラインということで、今週は10400ドル水準となります。
来週のメインシナリオももみあい継続と見て、9800ドルをサポートに、10400ドルをレジスタンスとする展開を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。
取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

9月14日(土)夕刊
*国内ニュース
「独仏政府、リブラ認可に慎重姿勢」

*筆者コメント
先週のトピックスで「仏経財相、リブラ欧州で運用認めず」というヘッドラインを取り上げましたが、その翌日には一大臣ではなく独仏政府が、しかも共同声明でリブラは金融の安定や投資家の保護などに適切に対処できないとして慎重な姿勢を示しました。展開が速いので既に欧州内では一定の意見の一致があったということだと考えられます。
そして共同声明では、通貨に関する権利は国家に固有のもので、私企業は要求できない、と慎重というよりも明らかに認めないというニュアンスです。今後変わってくる可能性もありますが、当面は両国政府の方針が欧州だけでなくG7に広がっていく可能性が高そうです。フェイスブックは仮想通貨(暗号資産)を発行するには巨大すぎたということですね。

9月16日(月)朝刊
*海外ニュース
「20か国超の口座に拡散」

*筆者コメント
タイトルを見ただけでは何のことかわかりませんが、テックビューロから約70億円の仮想通貨(暗号資産)が流出したことに関係した大阪府警の捜査でわかったそうです。70億円のうち、ビットコイン42億円分について流出後の動きを追跡するソフトで調べたところ、次々と拡散し20か国以上、口座数にして数十万以上にまで拡大していたそうです。
このようなソフトが出てきたことで追跡自体はやりやすくなったのでしょうが、拡散していく段階で当然、善意の(不正アクセスとは無関係の)人にも渡っているでしょうし、今後も拡散していくことは間違いありません。独仏政府の共同声明にもあった投資家の保護という観点では追跡できても間に合いません。そもそもの流出が起きないように出来るかですが、現時点ではそれも非常に困難です。
流出事件、北朝鮮の関与、フェイスブックによるリブラ、と今後の健全な成長のためにも、ここでしっかりとしたルール作りが必要でしょう。そうでないと、数十年後にブロックチェーンという技術は残っても仮想通貨(暗号資産)は過渡期のあだ花だったということになりかねません。

今週のコラム「アルトコインへの資金シフト」

今週の振り返りで触れたアルトコインへの資金シフトですが、ここではビットコイン・イーサリアムのクロスレートからそれぞれの強弱の変化を見てみましょう。
以下のチャートは1ビットコインが何イーサリアムに相当するかを示す1時間足チャートです。

今週のコラム「アルトコインへの資金シフト」

こうしてみると、今週初は1ビットコインに55イーサリアム以上が必要でしたが、昨日は一時的に45イーサリアム以下というところまで、ビットコイン安・イーサリアム高の動きを見せました。こうした動きが今後も続くのか、あるいは反転するのか来週以降も仮想通貨(暗号資産)のクロスの動きには注意が必要でしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る