アルゼンチンでビットコイン上昇(9/20)

15時時点の価格を過去24時間の価格と比較するとビットコインは2.7%上昇、イーサリアムは5%の上昇、リップルは0.04%の上昇となっています。

関連通貨:

アルゼンチンでビットコイン上昇(9/20)

アルゼンチンでビットコイン上昇

仮想通貨(暗号資産)市場は上昇しています。15時時点の価格を過去24時間の価格と比較するとビットコインは2.7%上昇、イーサリアムは5%の上昇、リップルは0.04%の上昇となっています。

アルゼンチンでは通貨のペソが急落し、通貨危機からペソ安が継続している状況です。一時1ドル=62ペソまでペソ安が進みましたが、ドルに対する資本規制を導入したことで1ドル=56.40ペソで推移しています。
外貨の取引が事実上停止された中で、ペソを売って他の通貨に交換したいわけですが、資本規制がある以上その動きは制約を受けます。その中でビットコインが選好され、対ドル取引ではドル高となりアルゼンチンプレミアムがつきました。
そのような中で中国発の大手仮想通貨(暗号資産)取引所HuobiのHuobi グループは今月17日、仮想通貨(暗号資産)取引所Huobi Argentinaの設立を発表しました。

慢性的にインフレの国や通貨不安を抱える国の資金は避難先として、かつてはドルへ向かいました。しかし、国や中央銀行の信用が崩壊した通貨にとっては、国や中央銀行に依存しないことがメリットとなりビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を選好する動きがでてきています。避難先としてユーロや人民元といった通貨でなく、ビットコインが選ばれている状況は基軸通貨であるドルの地位を脅かしている現象ともいえるかもしれません。

【BTC/JPYのテクニカル分析】

【BTC/JPYのテクニカル分析】

チャートはBTC/JPYの時間足と一目均衡表とMACDです。
昨日は一時1,044,500円まで下落しましたが、1,118,500まで反発後に1,098,200円で推移しています。109万円、106万円のサポートを下抜けし、下落が加速しましたが、あっさり戻して再び三角持合の中で推移しています。
7日以降のレジスタンスである112~113万円のレジスタンスが依然として有効なために、本格的な上昇となっていません。しかし104~105万円付近はサポートされており、104~113万円のレンジでの動きが継続するものと思われます。

【テクニカルポイント】

時間足ベース
1,118,500 本日高値
1,104,300 一目転換線
1,098,200 現在値       
1,088,500 一目雲基準線
1,077,800 一目雲の上限
1,075,600 一目雲の下限
1,044,500 昨日安値
995,000 7月29日安値
981,000 7月17日安値

日足ベース
1,495,000 直近高値
134万円付近 2017年12月高値231万円付近~2019年1月安値365,000円の50%戻し
1,205,500 一目雲の上限
1,129,700 一目雲の下限
1,110,600 60日移動平均線
1,106,900 20日移動平均線
1,103,200 5日移動平均線
1,098,200 現在値
1,087,300 一目転換線
1,080,600 一目基準線
1,044,500 9月19日安値
990,600 8月29日安値
820,000 6月10日安値
743,500 5月17日安値
617,000 5月6日安値

関連記事

ページトップへ戻る