ビットコイン急落とハッシュレート(19/9/25)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅に下落する展開です。

関連通貨:

ビットコイン急落とハッシュレート(19/9/25)

ビットコイン急落とハッシュレート

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:8598.3ドル(-12.13%)
イーサリアム:166.39ドル(-23.46%)
リップル:0.23579ドル(-18.30%)
ビットコインキャッシュ:253.34ドル(-19.59%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが大幅に下落する展開です。ビットコインは10%超の下落、その他のコインも大幅下落となり、イーサリアムは20%を超える下落となっており、仮想通貨(暗号資産)市場に売りの流れが強まる展開となっています。ビットコインは日本時間25日3時に1時間で900ドル弱の下落となっています。1時間で10%程度の変動であり、当局からの懸念も当然といえるでしょう。その他の市場は米株が大きく下落、米国債利回りが大幅低下となるなどリスク回避的な動きが強まっています。しかし仮想通貨(暗号資産)市場は急落しており、安全資産としての仮想通貨(暗号資産)との見方が揺らいでいるといえるでしょう。

さて、今回の下落に関して、ハッシュレートの急低下が要因ではないかといった話が出ています。ハッシュレートに関しては7月8日『上昇基調を続けるハッシュレート』で書いていますので、用語の説明などは割愛させていただきます。

ハッシュレートに関しては上げ下げはあるものの、今年に入って順調に上昇し、今月の18日に1億TH/sを初めて突破しました。ハッシュレートの上昇が必ずしも価格の上昇と直結しているかというとまだ疑問の残るところではありますが、ハッシュレートの上昇はマイナーの増加を示すことが多く、51%攻撃などのリスクが低下することで信用度が高まります。

そのハッシュレートが23日に30%超も急落しており、仮想通貨(暗号資産)市場に動揺が走っています。今回のハッシュレート急落の要因は現状でははっきりとしないところですが、価格の下落はマイナーの収入減に直結し、さらにハッシュレートが低下するといった事態を招きかねません。また、ハッシュレートの低下がメモリプールの上昇を招くことなどを考えると、ビットコインに対する逆風が強まる可能性があるでしょう。

ハッシュレートは日々、それなりの変動を見せますが、トレンドとしては上昇トレンドにあったことは事実です。しかし、今回の下落はそのトレンドを下抜けた可能性があり、先行きに対する懸念が生じています。ここから持ち直すのか、それとも1億TH/sを高値として下落の流れが展開されるのか、注視したいところと言えるでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドのバンドの-2σを大きくブレイクしての動きです。やや-2σである9360ドルからの乖離が大きくなったので、ここまで押し戻す可能性はあるでしょう。一方、下値のめどは見えにくいところですが、今年の6/6の安値7460ドル前後の水準が意識されるのではないでしょうか。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σをブレイクしての動きです。バンドの+2σの上昇の勢いが強まっており、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドブレイクであり、このままバンドウォークから下値拡大といった動きになる可能性が高まっています。ただ、現状の価格がバンドの-2σから大きく乖離しているので、その分の修正が入ってもおかしくはないでしょう。

またストキャスティクスを見ると、%Kは下落して下値圏に入ったものの、目先は押し戻す動きが展開されています。このまま上昇基調を維持することができるかがポイントとなりそうです。一方、%Dは下落しています。まだ下値余地を残しており、上値の重さが意識されやすい局面ということができそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σをブレイクしての動きで、バンドの-2σから大きく乖離しています。バンド幅は拡大基調であり、ここからさらに下値を拡大する可能性は高まっていますが、やや下落が行きすぎといったところであり、バンドの-2σまで持ち直す展開はありそうです。とはいえ、そこから再びバンドウォークとなって下落となって下値拡大といった流れになる可能性は十分にあるので、安易な押し目買いはリスクが高いでしょう。

ストキャスティクスで見ると%Kは持ち直し基調となっています。このまま上昇基調を維持することができるかどうかに注目です。一方、%Dは下落基調となっています。上値の重い展開であり、先行きに対する警戒感は依然として根強い局面ということができそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

12000ドル:心理的な節目
10990ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10180ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
10000ドル:心理的な節目
9360ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

8600ドル:現在値

8000ドル:心理的な節目
7460ドル:6月6日の安値

関連記事

ページトップへ戻る