仮想通貨(暗号資産)週報「来週もテクニカルに一段安を見るか」(10月第1週)

今週のビットコインは先週の急落後さらに下押しし、一時7700ドル台の安値を見ることとなりました。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「来週もテクニカルに一段安を見るか」(10月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは先週の急落後さらに下押しし、一時7700ドル台の安値を見ることとなりました。しかし、前週の下げが速かったこともあって、戻り売りを考える参加者も多い様子で、その後も上値が重たい展開が続き、8000ドル前後で動きにくそうな動きが続いています。
大きくは先週の週足チャートで見たターゲット、2018年12月安値と今年6月高値との61.8%押しにあたる7286ドルを視野に入れていることは変わりません。
この一週間のもみあいのあと更なる下げとなるのか、いつもの4時間足チャートから見ていきましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの大きなトライアングルは上の方に示されているピンクのラインで示してあるものですが、先週今週と急落後のもみあいで新たな小さめのトライアングル(青のライン)を形成中です。テクニカルには急落後のトライアングルですから、下抜けの可能性が高く、下抜けた場合にはターゲットとして7286ドル(赤の水平線)を考えることとなります。
可能性は低いものの上抜ける場合には急落直前高値と急落後安値の38.2%戻しとなる8681ドル(青のターゲット)がターゲットとなるでしょう。しかし、トライアングルの上側のラインが位置する8400ドル水準で上値を抑えられやすいと見る方が自然です。今週は一段安のリスクを考え7300ドルをサポートに、8400ドルをレジスタンスとする展開を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。
取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

10月2日(水)夕刊
*海外ニュース
「ビザなど、リブラ参加再考」

*筆者コメント
WSJからの記事となっていますが、リブラの決済ネットワークの構築を支援していたビザがリブラを運営する協会から脱退する可能性があるとのこと。もし、脱退した場合にはリブラの中心部分のひとつに大きな影響が出ることは間違いありません。
欧州を中心に風当たりが強まるリブラですが、おそらくこの動きには米国当局が関係していると思われます。前日には日本でも日経が主催したシンポジウムで大和証券グループ社長が国の経済が侵される可能性と発言し、どうもG7としては各国ともリブラ排除が現時点の足並みのようです。
同氏は既存の金融インフラとの両立する仕組みの重要性にも言及していますので、技術面では更に利便性の高いツールが今後も出てくることは間違いないでしょう。

10月3日(木)朝刊
*国内ニュース
「仮想通貨(暗号資産)で特殊詐欺」

*筆者コメント
特殊詐欺というのは振り込め詐欺等の総称ですが、仮想通貨(暗号資産)が被害にあった特殊詐欺の立件は全国初とのこと。犯罪者は次から次へと新たな詐欺を繰り出してきますが、さすがに仮想通貨(暗号資産)では効率が悪いだろうと思い概要を読んでみました。
すると、仮想通貨(暗号資産)のソフトを名義貸しで購入をもちかけ、その相手に対して違法なので和解のための代金としてビットコインを振り込ませたとあります。被害者の年齢は70代とありますが、すでに仮想通貨(暗号資産)の取引経験があるのであれば、狙われる可能性もあるのだろうというところです。
しかし、詐欺メールでも仮想通貨(暗号資産)を払えといったものが急増しましたが、電話でそうした詐欺が出てくるというのは、足がつきやすく効率も悪そうです。

今週のコラム「仮想通貨インデックスのQQE」

仮想通貨(暗号資産)に限らず、QQEは早期にトレンド転換を探るのに便利なので、日々の到達確率チャートには1時間足のQQE(緑と赤の点)と日足のQQE(水色とピンクの矢印)を表示しています。

仮想通貨(暗号資産)インデック(暗号資産)スは主要な3つの仮想通貨(暗号資産)として、ビットコイン、イーサリアム、リップルを平等に扱っていますが、仮想通貨(暗号資産)全体としての方向性を探るのに来週から仮想通貨インデックスの日足チャートにQQEを追加してみます。

今週のコラム「仮想通貨インデックスのQQE」

チャートとしては上のような感じで、下段のインデックスの更に下に緑と赤の点が表示されています。赤→緑は買いシグナル、緑→赤は売りシグナルです。コンポジットとしての動きがどんなものなのかの参考にしてみてください。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る